人身御供になった僧侶を祀る「すべりどめ人柱供養堂」に潜入! 本物の人骨も展示、「夜は空気が変わる…」

hitobashira_05.jpg

 新潟県上越市板倉区猿供養寺というところに『すべりどめ人柱供養堂』という小さなお堂が建っている。外見だけ見れば普通の神社のようにも見えるが、建物の中にはガラスケースに納められた人骨が祀られている。

 猿供養寺に伝わる伝説によると、その昔からこの地は山崩れや地すべりが多発しており、多くの人たちが犠牲になってきたという。今から800年ほど前の鎌倉時代のこと、地すべりを止めるため、旅の僧が自ら志願して人柱になった。地元で長年暮らしている男性に話を聞いた。

「人骨が出土したのは、昭和12年のことです。畑仕事をしているときに見つかりました。そのとき村人たちは、『伝説の僧侶の骨が出土した!』ということで大騒ぎになったそうです。ある大学が鑑定をしているのですが、大腿骨が太いことなどから旅僧のものだという結果が出ています。これは伝説とまったく一致することです。『人柱供養堂』には、そのときに出土した瓶も祀られています」

 人骨に関する鑑定が行われたのは、昭和36年のことになる。新潟大学が調べたところ、鎌倉時代末期の40代くらいの男性のものであることが分かった。この人骨は、小柄であるにも関わらず、脚の骨が太く、腕の骨は細かった。農民ならば、腕の骨が太いと考えられることから、農作業には携わらずに、諸国を行脚していた旅の僧のものであろうと推定されている。

 現在、『人柱供養堂』には、人骨とともに出土された瓶も展示されている。もちろん現物だ。昼間は、手を合わせに来る人たちが絶えないので、蝋燭の光で明るく照らされている。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ