0.5秒で標的破壊、ロシアが最凶新型レーザー兵器「ペレスヴェート」実戦配備! プーチンが第三次世界大戦に緊急支度!

 ロシアが新たなレーザー兵器ペレスヴェートを実戦配備したと公表した。秘密裏に開発されたためその性能には不明点が多いものの、わずか0.5秒で標的を破壊することができるという。米「ニューズウィーク」など複数ニュースメディアが報じている。

0.5秒で標的破壊、ロシアが最凶新型レーザー兵器「ペレスヴェート」実戦配備! プーチンが第三次世界大戦に緊急支度!の画像1画像は「Daily Mail」より引用


■レーザー兵器ペレスヴェートとは?

 ロシア連邦軍の機関紙「クラスナヤ・ズヴェズダ」によると、ペレスヴェートは今月初めて実験的に投入されたという。今年3月、ロシア・プーチン大統領が一般教書演説の中で発表した3つの新兵器の一つであり、大統領はこの兵器が「この分野のライバルよりも一歩前進している」と大きな自信を見せた。なお、その名は14世紀の英雄アレクサンドル・ペレスヴェートにちなんでおり、国防省の公式サイトで行われたオンライン投票で決められた。

0.5秒で標的破壊、ロシアが最凶新型レーザー兵器「ペレスヴェート」実戦配備! プーチンが第三次世界大戦に緊急支度!の画像2画像は「Daily Mail」より引用

 ペレスヴェートの開発は極秘裏に進められており、その性能は現在のところ未知数である。今年5月にユーリ・ボリソフ副首相はこの新型兵器について、「1秒以内に」、「潜在的な敵を武装解除し、標的施設を破壊できる」ものと評している。アメリカ含め各国で開発されたレーザー兵器は飛行機やミサイルの電子部品を使用不能として撃墜させる仕組みであるというが、ペレスヴェートが同様のものかは不明である。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ