再現された「ノアの箱舟」に動物たちが乗船拒否! 乗れたのは●●だけ、ゾウは断固拒否!=オランダ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 オランダで全長70メートルの“ノアの方舟”の修理が完了した。しかし問題は、方舟の“主役”である動物たちがどうにも乗船を拒んでいるようなのだ。


■全長70メートルの“ノアの方舟”

 イギリスの公共テレビ局・チャンネル4が放送する世界中の“奇妙な家”を紹介するテレビ番組「World's Weirdest Homes」。先日の放送回では、オランダ中部フレヴォラント州の港に浮かぶ“ノアの方舟”を紹介している。

 ノアの方舟とは、もちろん旧約聖書の『創世記』6~9章に登場する大洪水の前に建造された巨大な木造船で、地上のあらゆる植物の種と動物のつがいを乗せて洪水後の世界でサバイバルさせた船のことだ。

 そして今、オランダのフレヴォラント州でも来るべき大洪水に備えて、このように“ノアの方舟”が準備を整えているのである。

70mlongship1.JPG
Hot World Report」の記事より

 全長70メートル、横幅9メートル、高さ13メートルというこの方舟は、鉄筋をベースにマツとスギで造られた巨大な木造船だ。使われた木材は丸太にして1万2000本にも上るという。2005年にオランダ人の敬虔なクリスチャンでありビジネスマンのヨハン・ハウバース氏によって造られたこの方舟は、北海へと注ぐマース川を実際に航行している。そして2008年、地元の実業家である現在のオーナー、アード・ピーターズ氏に売却された。

70mlongship2.JPG
 「Hot World Report」の記事より

 ピーターズ氏はこの船を駐車場に接した岸壁に係留し、ミュージアムとして船の中で数種の動物を飼うなどして運営していたのだが、今年初めに不幸な出来事に見舞われることになる。1月に現地を襲った凄まじい嵐によって、この“ノアの方舟”の係留が解かれてそのまま流され、漁港に連結させて停泊していた漁船の一団に突っ込むという惨事が起きたのだ。

コメント

4:匿名2018年12月17日 23:22 | 返信

まぁ到着した新天地が気に入らないからと戻ってこられても困るしな

3:匿名2018年12月17日 19:00 | 返信

ヘビ絡みのは殆どそれが邪悪の事象ということだね

2:匿名2018年12月17日 13:50 | 返信

この船で生活しろって言われたら私も絶対に乗らない。
神話では1が言うように、必要性があったから動物は乗った。
そんなこともわからないのか、しんじ。

1:匿名2018年12月17日 12:18 | 返信

動物には予知能力がある(らしい)。
ノアの箱舟の時は、切羽詰まっていたから渋々乗ったんだよ(たぶん)。
 

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。