太陽の影に隠れる謎の惑星「ニビル」が激撮される! やはり地球に大接近中か、地震&噴火連発で世界が終わる!?

“ニビル”が近づいているのか――。太陽の影に隠れるようにして浮かぶ謎の天体が撮影された。

■太陽の左下に“ニビル”接近か?

 数千年に一度のスパンで太陽系に到来してくるといわれている惑星“ニビル”、あるいは“プラネットX”は、本当に存在するのか。するとして、接近すると地球にどんな影響を及ぼすのだろうか。

 晴天の日にはまぶしくて太陽を見ようとはなかなか思わないが、先ごろ米ミシガン州で撮影された太陽をよく見ると、太陽光線に紛れ込んでいるかのように謎の天体が寄り添っているのが確認できる。これは太陽系に接近しているニビルなのか。

太陽の影に隠れる謎の惑星「ニビル」が激撮される! やはり地球に大接近中か、地震&噴火連発で世界が終わる!?の画像1画像は「MrMBB333」より

 2018年12月7日にYouTubeチャンネル「MrMBB333」に投稿された動画では、この謎の天体が紹介されており、再生回数は早くも19万回に届こうかという人気だ。そしてもちろん数々の臆測を呼んでいるようだ。

 太陽の左下に位置している天体は、一見するとレンズフレアのようにも見えるのだが、同じような大きさの黄色い円形のレンズフレアがカメラが動くたびに揺れているのに対し、この“天体”はずっと一カ所に留まっている。ということは単純なレンズフレアではなさそうだ。明暗を反転させたネガ画像でも検証しているが、やはり天体らしき存在が確認できるようだ。

太陽の影に隠れる謎の惑星「ニビル」が激撮される! やはり地球に大接近中か、地震&噴火連発で世界が終わる!?の画像2画像は「MrMBB333」より

「普通はレンズフレアの反射と関係があると考えられますが、しかしながらこれは動いてません」(動画の解説より)

 また動画の解説では、撮影者は場所を変えつつ3カ所から撮影したが、そのいずれにおいてもこの“天体”が確認できたという。

太陽に寄り添う謎の天体 動画は「MrMBB333」より

 思わず空を確認したくなるが、少なくとも東京の空を見上げてみても太陽の近くにこのような天体を確認することはできない。普段は地球から見て常に太陽の裏側にいる何らかの存在が、何かしらの異変でほんの少し姿を現したということなのだろうか。あるいはニビルがもうすぐそこまで来ているということなのか……。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ