報じられない「5Gのヤバ過ぎる陰謀論」徹底解説! 欲望操作、脳波改変、人体制御…日本人が人体実験に!?

――物理・IT専門家の平清水九十九が解説

報じられない「5Gのヤバ過ぎる陰謀論」徹底解説! 欲望操作、脳波改変、人体制御…日本人が人体実験に!?の画像1画像は「Getty Images」より引用

 今月19日、ソフトバンクグループの国内通信会社「ソフトバンク」が、東京証券取引所第1部に上場したが、これに先立ちソフトバンクは第5世代無線通信システム5G)の設備から華為技術ファーウェイ)製品を排除することを決定した。株価への影響を懸念してのことと見られている。5G技術で世界一とも言われるファーウェイの排除はソフトバンクにとっては大きな痛手だが、5Gへの以降は今後着々と進められていくことだろう。今年10月にNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは、2019年から2020年にかけて5Gサービスを開始する計画を発表している。

 ところで、いま中国を筆頭に世界中で5Gの実現が急がされている背景には、ある恐ろしい陰謀が隠されているという。それを理解するために、まずは3G4G5Gといった通信システムの違いをかいつまんで簡単に説明しておこう。

■3G、4G、5Gは何が違う?

 まずは3Gと4Gの違いについて。この両者の違いはデジタル通信の速度に現れるが、使用している周波数にはあまり違いがない。どちらも800MHzから2.4GHzのバンドを切り替えながら使っているのが現状だ。大きな違いはデータの転送速度で、3Gがおおむね14Mbps、LTEは最大1G(1000M)bpsと約10~100倍の差がある。これが5Gになるとなんと20Gbpsにも達するから、革命的なスピードということになるだろう。光ファイバーも真っ青だ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ