「笑い」の起源は「威嚇」だった!? 笑顔のウラに秘められた感情まで読み取れる人類の能力、その源泉に迫る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

サル

,

ニーチェ

,

威嚇

,

感情

,

深月ユリア

,

笑顔

grimace_1.jpg
イメージ画像:「gettyimages」より

 一般に「笑う門には福来る」「笑顔は人間関係の潤滑油」と言われる。しかし、一口に笑いと言っても、幸福に満ちた歓喜の笑いのみならず、嘲笑・失笑・苦笑などさまざまな種類があることは誰もが知っている。これだけ多種多様な笑いをもっている人間が、地球上で最も感情表現豊かな生物であることは自明の理である。しかし、そもそもなぜ我々は「笑う」ことになったのだろうか? まったく笑わない人に対して私たちが潜在的に距離を感じ、よく笑う人に親近感を感じるのはなぜなのか? 冷静に考えてみると不思議な話である。


■サルの「笑い」から垣間見える人類の「笑い」の本質

 オランダの動物行動学者ヤン・ファン・ホーフ氏によると、「笑い」には大きく分けて2つの種類があるという。

・ Laugh(発声を伴う笑い)
・ Smile(発声を伴わず、歯を見せて微笑む笑い)

 そして、これら2種の笑いの起源は異なる。もともとLaughは、霊長類が仲間同士で遊ぶ際に口を丸く開ける和みの表情(プレイ・フェイス)と、その時に発する声が進化したものだという。一方、Smileの起源はなんとGrimaceという歯茎むき出しで相手を威嚇する歪んだ表情にあるというのだ。

 たとえば霊長類が草むらなどで突然物音を聞き取った時、「自分より強い敵ではないか」と警戒と恐怖を感じ、牙を見せて笑っているように見える表情になることがあるが、これがGrimaceである。そして、草むらから出てきたのが群れのボスだったり仲間だった場合、すぐに表情を変えることはできないのだが「あなたに敵意はありません。仲良くしましょう」という意味でGrimaceはより柔らかな表情に変わる。この、恭順の意を示すサインが長い年月をかけて進化し、人類にSmileとして受け継がれたのだという。つまり、人類のSmileの起源は「威嚇」にあったということだ。

関連キーワード

コメント

2:トランプ大統領2018年12月30日 00:48 | 返信

威嚇を緩めた形だというのか?
どのみち顔面パンチで骨を砕いて二度と笑えない体にすることに変わりはない。
奴らは例え骨が砕かれようとも気色悪い笑いをし続け、勝ち誇った態度をとるであろう。
私にはわかる。キチガイの行動が!
ついこの間にも、医師で突然、統合失調症患者になって病院を2回もクビになったというキチガイのババアに何をしているのかとカフェで話しかけられて、会話の流れで「統合失調症ってしっている?キチガイみたいになるんだけど?」と自らキチガイであることを告白し、急に気持ち悪い笑いを目の前でされ、「なんで笑わないのか」と尋ねられ、そんな笑い方はしないと言ったら、「精神障害なんじゃないか」とキチガイに言われた。アホかと思ったわ!このババアは!お前など生きてる価値ないだろうと思ったが、別に言い争うつもりはなかったので突っ込まなかったが、あのババアのようにキチガイ共は自分のことを他人に当てはめる習性があるようだ。チョンの野郎もよく同じことをするからな。同じことしかできないポンコツロボットで使えないのだ。
奴は突然、自分で「キチガイで生きている価値がない」と言い始めた。
あのように訴えるのは私に修理してもらいたいのだろう。
私の意向に従い、クローンポプちんの国を作り、自分が改造もしくは破壊される準備をしろ!
私の手によってこの世界は破滅を免れるのだ。
ところで、キチガイ的な気持ち悪い笑いはなぜやるのだ?殺されたいがためか?勝ち誇りたいのか?気分を悪くさせたいのか?どのみち顔面パンチで骨を砕いて笑えなくなるのは免れんぞ?
ユリアには新興宗教団体「笑」のようなキチガイ的な笑いについて研究してもらいたいのう。
特にあの教祖のえくぼ!何者なのか?人の体を乗っ取り世界征服を企む悪の組織を作る習性のある緑色の化け物だ。スーパーミュータントやグリーンゴブリンもおそらく同じ存在であろうと思う。
「あなたたち(人間)の時代は終わりだ!これからは我々に時代だ!」と貴ノ岩を使って
スーパーミュータントと同じようなことを言わせていた。
スーパーミュータントは人間をミュータントに作り替えたり、食べたり、人間を恨んでいる。
現実世界でいうと日本を恨んでいる朝鮮人のような存在だ。奴らも気持ち悪い笑いをしながら、あの象の設置について語っていた。あのような存在は何なのだろう?私の体験ではすべての人種で同じことがあった。白人も気味の悪い笑いをすれ違いざまにやってくるのだ。アジア系よりはましだが今すぐぶっ殺したくなるほど気持ち悪い。この死神であるこの俺にその態度で挑むとは?
死にたいのか?と思わせる。あれは何なのかを研究してもらいたい。あれこそ宇宙人の真実について迫れるはずだと私は考えるのだ。う~ん。。私は思うのだ。
鶴見中尉のようにガトリングガンでキチガイ共を皆殺しにしてみたい。あれは人間ではない!

1:わざわざ嫌いなキリスト教徒たちを検索するのはもうやめた。必要ないことをして気力体力を消費したくない。2018年12月29日 18:15 | 返信

ニンゲンたちは『絶対に自分の心理は他人には悟られてはいない』というわけのわからぬ自信に満ち満ちていますが、心理を読むのに長けている人にはそれこそ全部透けて見えているのですよ。昔の童話で猿のやってたことはお釈迦様には筒抜けだったように。


※ニンゲン=戦前の日本人はちゃんと漢字の人間、もしくは日本人だが、現代のニホンは、カタカナのニンゲン、もしくはカタカナのニホンジンしかいません。思考能力ゼロのロボットニンゲンたち。もはや人と呼ぶには値しない。ふにゃふにゃ腰のコンニャク頭とはまさしく言い得て妙。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。