11歳の無差別殺人鬼、27回刺殺の残酷少女コンビ、メアリー・ベル… 凶悪すぎる子どもの殺人鬼5選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

,

,

,

,

1129childkillers-1.jpg画像は「Getty Images」より引用

 子どもによる殺人事件は決して珍しいことではなく、世界各地で報告されている。今回は子どもによる残虐な殺人事件を5つご紹介する。


■ウィリアム・ヨーク

1129childkillers-2.jpegウィリアムの事件を描いたニューゲート・カレンダーの挿絵。画像は「Wikipedia」より引用

 子どもが殺人を犯したという記録は古くから残っている。1748年5月13日、イギリス東部サフォーク州エイクに住んでいた当時10歳のウィリアム・ヨークは、わずか5歳の少女スーザン・マシューを殺害した。

 被害者のスーザンはウィリアムの隣人で友人だったが、その日、喧嘩がエスカレートして悲惨な殺人事件に至ったとされる。スーザンはウィリアムに殴られて大泣きし、家の外に出ていってしまったが、ウィリアムはナイフを手にスーザンを追いかけた。そして彼女の手を掴み、骨まで達するほど切りつけた。

 ウィリアムはスーザンの腹に足を乗せて押さえつけ、その腕や手首を骨まで切った。スーザンがまだ死んでいないのを見たウィリアムは、太ももにもナイフを刺し、彼女は出血で徐々に死亡したとみられる。その後、ウィリアムは遺体を隠し、地面に流れた血を片付け、自分の体や凶器についた血を洗い流し、服を着替えてから朝食を食べたという。

 事件が発覚すると、ウィリアムは裁判にかけられて死刑を宣告された。しかし、刑が執行されることはなく、18~19歳の頃に恩赦されてイギリス海軍に入隊し、戦争に駆り出されたという。

 この事件は当時のイギリスで人気を博していた「ニューゲート・カレンダー」という犯罪の記録を集めた書籍でも挿絵付きで紹介され、広く知られることとなった。

関連キーワード

コメント

1:トランプ大統領 2019年1月5日 11:02 | 返信

これは作られた犯行だ。記事もそうだが私を意識しているとしか思えない内容。
悪魔に操られた的な殺人で、すべてAIチョンの洗脳によるものだ。
まず私が殺人をするなら、出来る限り一匹残さず大量虐殺であって、女・子供・老人・障害者に左翼は情け容赦なく皆殺しであり、やるなら芸術的に殺人を実行すること、面白く殺すをモットーに映画のように殺人を実行し、出来るだけナチスを語って雑草除去したまでだと主張し無罪を勝ち取る。潔癖症なので計画的犯罪でなければならない。植松くんはチョンの野郎が下手だったので大して殺せなかったのだ。せめて散弾銃か日本刀でも持って行き300人切りが出来るかを試すべきだった。市販の包丁ではどう考えても無理だろう。

むかついて左翼を痛めつける間にうっかり殺すのはあるだろうが、中途半端であったり遊興で殺人はしない。これはすべてチョンによるもの。あいつは殺人が下手すぎる。第二次世界大戦も大して殺せていない。人体実験も何の成果もないとか頭悪いとしか言いようがない。
威力のない核を使って日本負けましたの芸をやるしかないとか左翼的で何もかも茶番で馬鹿馬鹿しい。人間をもっと始末しないとダメだろう何をやっているんだ?俺だったら地球の半分の人口は消していた。ナチスも情け容赦なく不細工を始末し、不良品を除去していただろう。世界中にいる劣等種の不良品を始末して感謝されていたはずだ。サッカーの八百長を強要して従わなかった相手に腹を立てて対戦相手を虐殺するようなことはしなかっただろう。なぜなら元々サッカーが強いので負けるわけがないのだ。

奴はリアル・グランドセフトオートを正月早々やっても人を殺せない。
頭が悪いのか?あまりに才能がなさ過ぎて、まるで障害者が頑張って殺人を実行して、成果があったと勝ち誇ったかのようで残念過ぎる。スクランブル交差点で騒ぐ若者に大型トラックで突っ込んだ方が、たくさんあの世に行かせただろうし、それで止まるなら、小者としか言いようがない。
くだらない殺人が多すぎて話題にするのも大変だろう。もし出来るとしたら大昔に作った小説を現代の人に事実であったかのように見せる捏造だけ。実につまらん。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。