【永久保存版】日本UFO史上最重要人物・松村雄亮! 北欧系宇宙人と喫茶店で●●… 元懐疑派カルトリーダーの謎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

――超能力、心霊現象、UFO、など、いわゆる「超常現象」分野に深い造詣を持つオカルト研究家・羽仁礼が解説!

CBA_01.jpgイメージ画像:「gettyimages」より

 1959年7月10日の夜のことであった。

 男は、東京での打ち合わせを済ませ、午後11時半ごろ横浜の国電桜木町駅に着いた。

 夜も遅く、タクシーもつかまらなかったので、もはや人通りもすっかりなくなった道路を自宅まで歩くことにした。

 日の出町の交差点を左折し、しばらく進むと前方から車が走ってきて、ヘッドライトの中にこちらに向かって来る3人の女性のシルエットが浮き上がった。すれ違う際、一番左にいた女性の顔が見るともなく視界に入った。すると、その女性が男に向け、不思議な笑み浮かべたように思われた。

 ほんの10歩ほど過ぎたとき、なんとなく後ろを振り返ってみると、もはや3人の姿はなかった。すれ違った場所は一本道で、横にそれるような路地もない。不思議に思いながら男がふと上空を見上げると、そこにはフットボールほどに見えるUFOが浮いており、横浜松竹の屋根の上を、右から左へと悠然と横切って行った――。


■UFO研究の黎明期における最重要人物

CBA_02.jpg松村雄亮 『Brother』(CBA)創刊号より引用

 男の名は松村雄亮(まつむら ゆうすけ)。日本のUFO研究団体である「宇宙友好協会(CBA)」共同設立者の一人である。

 日本のUFO界において、松村ほど評価の分かれる人物は他にいないだろう。

 CBA以外の日本の研究団体からは、CBAをカルト宗教化し、「CBA事件」を起こした張本人とされる。

 他方、ブリンズリー・ル・ポア・トレンチやジョージ・ハント・ウィリアムソンなど海外の研究家とも密接な関係を維持し、イギリスのUFO専門誌『フライングソーサー・レビュー』の日本特派員を長く務めた人物でもある。そして、日本では最初期に現れたコンタクティーでもあるのだ。

 松村とは、どういう人物だったのだろうか。

コメント

1:信憑性が無いなぁ 2019年1月7日 20:09 | 返信

球が大変動すると宇宙人が言いだしたのは何十年も前だよね?全然、地球人類はまだ地球にいるじゃん 今も。ここで嘘八百だなー。

異星人の話題って中身が全く無いのな。
異星人との交流現場での動画、乗り物の中の構造 内装を撮影してから記事にしてもらえる?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。