【悲報】2月1日、NASAガチ警告の「小惑星2002 NT7」が地球衝突! ネットで大盛り上がり、実際は…!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント10
関連キーワード:

,

,

,

 新年早々であるが、小惑星の地球衝突が近いという噂がインターネット上を駆け巡っている。英「Daily Star」や「Express」も報じたその危機とは――?

0107asteroid-1.jpgイメージ画像は「Getty Images」より引用

■NASAが情報を隠蔽!?

 YouTubeの陰謀論系チャンネルが今盛り上がっているのが、今年の2月1日に小惑星「2002 NT7」が地球に衝突するという話題である。これは2002年に米国で発見された直径2kmほどの小惑星で、発見当初、NASAが地球衝突の恐れがあり、世界規模の大災害になる恐れがあると発表して世界的な大ニュースとなった。しかし、その後地球衝突の可能性はないとNASAは予測を撤回している。

 このときの予測で地球衝突の日とされていたのが2019年2月1日であった。そして、NASAの予測撤回は再計算によるものではなく事実の隠蔽であると、陰謀論者たちは近年こぞって主張している。登録者数が41万人を超える陰謀論系YouTubeニュースチャンネル「DAHBOO7」でも3年前にこの一件を扱っているが、動画の再生回数は11万回を超え、800件近いコメントが寄せられている。英「Daily Star」の記事によれば、昨年だけで実に75本もの2002 NT7にまつわる動画がYouTubeに投稿されているという。

動画は「YouTube」より引用

関連キーワード

コメント

10:匿名 2019年1月9日 07:01 | 返信

災害、大惨事の予兆を察知したものが慌てて封じているから
実質静まった ということもあり 感謝

9:匿名 2019年1月8日 22:50 | 返信

トカナってもしかして陰謀ネタも書くくせにNASAの正体もまだ知らないわけ?(笑)恥ずかしいーー

8:匿名 2019年1月8日 15:31 | 返信

まだ時間はある、しっかり狙えよ

7:匿名 2019年1月8日 10:00 | 返信

>> 1

前沢氏のお年玉より当たる確率が低い。

6:匿名 2019年1月8日 08:40 | 返信

さんざん最悪の事態を書いておいて、最後に実は心配なさそうだ、と書くのがTOCANAのいつものパターン。

5:匿名 2019年1月8日 03:17 | 返信

NASAは、あっち側 支配者層の機関だという事を、理解して下さい。
自分たちに都合のよい事しか流しません。

4:匿名 2019年1月7日 22:56 | 返信

!マーク大安売りか、?と!が区別出来ないのか

3:匿名 2019年1月7日 21:25 | 返信

ヘッドラインでは衝突すると断言しているのに、本文では心配ないと書いている。
文章の書き方を知らない素人以下の駄文。
笑い者としてネタにされる前にさっさとヘッドラインを「地球に衝突か!?」に改めておけと命令しておいてあげる。

2:匿名 2019年1月7日 19:54 | 返信

>> 1

1に激しく同意

1:匿名 2019年1月7日 18:36 | 返信

小惑星が地球に当たる確率は、
トカナの予言が当たる確率よりまだ低い。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。