半グレの新事実発覚! 準暴力団の警察認定数は公表数の●倍だった!? 今後勢いを増す可能性も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
半グレの新事実発覚! 準暴力団の警察認定数は公表数の●倍だった!? 今後勢いを増す可能性も!の画像1イメージ画像は「Getty Images」より引用

 トカナでもこれまで何度か報じてきた関西の準暴力団事情。最近では今年の予想なども書いてきたが、それらの動きが予想以上に慌ただしくなってきた。

 トカナが注目していたのは大阪の準暴力団であるが、この地域は解散した地下格闘技団体の流れを組む“アビス”や“アウトセブン”などが、大阪の中心地であるミナミでぼったくりなどのシノギをしていることで大阪府警から摘発を受けていた。だが今回、関係者の口からさらに新たな事情が明らかになった。

「彼らはもうミナミの地を避けて他で悪さしていますよ。例えば梅田の歓楽街。ここで客引きをしているのは彼らの残党ですね」(関係者)

 梅田の歓楽街を仕切っているのは六代目山口組の章友会や一会なのだが、それら既存の組織もかつての力が衰えているのは事実だ。16日には組を抜けようとした男性に丸刈りを強要したなどとして、大阪・群馬両府県警は組織犯罪処罰法違反(組織的強要)の疑いで、六代目山口組直系団体である「章友会」会長で大阪市阿倍野区・松岡錠司(51)容疑者を含む幹部ら14人を一斉検挙された。

 この章友会が縄張りとしているのは、梅田の繁華街である阪急東通り・中通りの一角であるが、今はそこに見かけない若い客引きの数が大幅に増えているという。

「ヤクザの地回りも少なくなっていましてね。だから睨みが効いていないのでしょうね」(前出関係者)

 2013年3月、警察庁は暴対法に基づく指定や認定としてではなく、暴力団に準じる治安を脅かす新たな反社会的勢力を準暴力団を位置付けて、全国の都道府県警に実態を明らかにして、取締りを強化するように通達を出していた。警察庁では平成26年度の暴力団情勢で、その組織の中から“関東連合OB”、“怒羅権”、“打越スペクターOB”、“大田連合OB”の4団体を発表し、新たな準暴力団としての概念を次のように公表している。

<<近年、繁華街・歓楽街等において、暴走族の元構成員等を中心とする集団に属する者が、集団的又は常習的に暴行、傷害等の暴力的不法行為等を行っている例がみられる。こうした集団は、暴力団と同程度の明確な組織性は有しないものの、暴力団等の犯罪組織との密接な関係がうかがわれるものも存在しており、様々な資金獲得犯罪や各種の事業活動を行うことにより、効率的又は大規模に資金を獲得している状況がうかがわれる。平成26年末には、警察では8集団を準暴力団と位置付け、実態解明の徹底及び違法行為の取締りの強化等に努めている。(平成26年の暴力団情勢・警察庁)>>

 さて、ここで問題なのだが、2018年4月の産経新聞によれば、警察庁では少なくとも8団体を準暴力団と認定しているとされているが、トカナの独自取材では、前記4団体に加え、関西地区の“アビス”“アウトセブン”などを含む10団体が認定準暴力団ではないかとみていた。

 だが、その後の警察庁関係者への取材で、驚くべき数字が明らかになった。なんとこの当初の数字は氷山の一角に過ぎず、準暴力団に該当している団体はこの数倍に上る事が判明したのだ。準暴力団は離合集散を繰り返す傾向があるために、この数字は今後増えることも考えられる。

 警察庁は「準暴力団の宣伝となり、勢いをつけることになるから」との理由で、積極的な発表を控えている。トカナもそれに準じて団体数、グループ名など詳細については公表を控えるが、聞けば驚くような名前も警察庁の関係者の口から発せられた。

 規制が追い付かず、実態もそこまで解明が進んでいない準暴力団は、今後一部地域では勢いを増していくのではないだろうか。
(文=坂上とんた)

コメント

2:匿名 2019年2月13日 22:55 | 返信

ヤクザをマフィアにした馬鹿誰だよ

1:匿名 2019年1月19日 20:15 | 返信

トカナに出る人間は害人ばかり、翻訳はしてもがぞの翻訳はしない

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。