「チュパカブラ」は米軍の生物兵器説が濃厚に⁉ 軍事施設の秘密研究とUMAの真相に迫る!

 真夜中に何者かによって家畜の血が抜かれ殺されるーー。

 そんな話を聞くとトカナの読者のみなさんなら、まず1960年代アメリカを中心に頻発した「キャトルミューティレーション」を思い出すかもしれない。いまだに原因は不明ながら「宇宙人の実験」説が有力とされているあれだ。

「チュパカブラ」は米軍の生物兵器説が濃厚に⁉ 軍事施設の秘密研究とUMAの真相に迫る!の画像1画像は「Getty Images」より引用

 さて今回紹介するのは「キャトルミューティレーション」同様に、真夜中に何者かによって家畜が襲われ、朝になって血がほとんど抜かれた状態で発見される事件だ。

 ただし違いはいくつかある。まずは場所がアメリカではなく中南米。被害に遭うのは牛よりもヤギが多い。そして最大の違いは「犯人」が「宇宙人」ではなく、「UMA」すなわち「未確認動物」と目されてきた点だ。

 その「UMA」の名はチュパカブラという。プエルトリコが発祥だが、今では中南米を中心に多くの人に恐れられている。

 その「チュパカブラ」の新たな真相に迫っているのが、「Netflix」のオカルト系ノンフィクション番組「Top 10 Secrets and Mysteries」(2019年1月時点では日本未公開)の第2話「Mysterious Creatures and Beings」(ミステリアスな生物と存在)。その新たな真相をお知らせする前に、まずは番組内であらわにされた被害の様子をお伝えしよう。

人気連載
新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく、その当事者...

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ