「臨死体験」を引き起こす瞑想の存在を徹底解説! 世界の仏教僧を研究した学者ゴードン教授・激白独占インタビュー!

「臨死体験」を引き起こす瞑想の存在を徹底解説! 世界の仏教僧を研究した学者ゴードン教授・激白独占インタビュー!の画像1ウィリアム・ヴァン・ゴードン博士

 死の淵から生還した人々は時に体外離脱、強烈な光の体験、人生の再体験、神や天使との遭遇など不思議で神秘的な体験を報告する。強烈な臨死体験を経て、人格的・宗教的改心を遂げる人も少なくない。

 一体、臨死体験とは何なのか? それを科学的に解明することは難しい。なぜなら臨死体験は不意に訪れるものであり、実験のために再現することは現実的・倫理的に不可能だからだ。しかし、英・ダービー大学のウィリアム・ヴァン・ゴードン博士によると、熟達した瞑想修行者は意識的に臨死体験を引き起こす瞑想「MI-NDE(臨死体験瞑想)」を行うことができるため、臨死体験を科学的に解明することは可能だという。トカナではすでにその研究内容をお伝えしているが、この度、より詳しい話を聞くためゴードン博士にインタビューを敢行。インタビュー前編となる今回は、ゴードン博士の研究・関心とMI-NDE(臨死体験瞑想)について伺った。インタビュー後編では、臨死体験瞑想の衝撃の体験内容をお伝えする。


――ご多忙の中、インタビューをお引き受け頂きありがとうございます。まずはご自身の主な研究と関心を教えてください。

ゴードン博士(以下、博士) 主な関心は瞑想体験にあり、専門は心理学の一分野である「瞑想心理学(contemplative psychology)」と呼ばれるものです。研究テーマは瞑想体験を科学的に解明することです。こういった分野に興味を持った理由は、私が元々仏教僧だからです。今日も朝4時に起きて瞑想しましたよ。

「臨死体験」を引き起こす瞑想の存在を徹底解説! 世界の仏教僧を研究した学者ゴードン教授・激白独占インタビュー!の画像2画像は「Getty Images」より引用

――ご自身も仏教僧だったんですね!

博士 仏教の一派であるテーラワーダ仏教が盛んなスリランカで得度しました。ですが、テーラワーダ仏教徒というわけではなく、世界中の様々な仏教学校やコミュニティで学んできました。日本の禅仏教にも触れたことがあります。

 そこで気づいたことですが、仏教には多種多様な宗派がありますが、どれも向いている方向は同じということです。道は違いますが、最終的に行き着くところは同じだと思っています。

人気連載
封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

人気連載
12歳の少年少女が“成長具合”を観察され、全裸で海へ…! 中部地方の特殊なエローカルルールとは?

12歳の少年少女が“成長具合”を観察され、全裸で海へ…! 中部地方の特殊なエローカルルールとは?

【日本奇習紀行シリーズ 中部地方】  日頃はあまり話題...