「臨死体験」を引き起こす瞑想の存在を徹底解説! 世界の仏教僧を研究した学者ゴードン教授・激白独占インタビュー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
「臨死体験」を引き起こす瞑想の存在を徹底解説! 世界の仏教僧を研究した学者ゴードン教授・激白独占インタビュー! の画像1ウィリアム・ヴァン・ゴードン博士

 死の淵から生還した人々は時に体外離脱、強烈な光の体験、人生の再体験、神や天使との遭遇など不思議で神秘的な体験を報告する。強烈な臨死体験を経て、人格的・宗教的改心を遂げる人も少なくない。

 一体、臨死体験とは何なのか? それを科学的に解明することは難しい。なぜなら臨死体験は不意に訪れるものであり、実験のために再現することは現実的・倫理的に不可能だからだ。しかし、英・ダービー大学のウィリアム・ヴァン・ゴードン博士によると、熟達した瞑想修行者は意識的に臨死体験を引き起こす瞑想「MI-NDE(臨死体験瞑想)」を行うことができるため、臨死体験を科学的に解明することは可能だという。トカナではすでにその研究内容をお伝えしているが、この度、より詳しい話を聞くためゴードン博士にインタビューを敢行。インタビュー前編となる今回は、ゴードン博士の研究・関心とMI-NDE(臨死体験瞑想)について伺った。インタビュー後編では、臨死体験瞑想の衝撃の体験内容をお伝えする。


――ご多忙の中、インタビューをお引き受け頂きありがとうございます。まずはご自身の主な研究と関心を教えてください。

ゴードン博士(以下、博士) 主な関心は瞑想体験にあり、専門は心理学の一分野である「瞑想心理学(contemplative psychology)」と呼ばれるものです。研究テーマは瞑想体験を科学的に解明することです。こういった分野に興味を持った理由は、私が元々仏教僧だからです。今日も朝4時に起きて瞑想しましたよ。

「臨死体験」を引き起こす瞑想の存在を徹底解説! 世界の仏教僧を研究した学者ゴードン教授・激白独占インタビュー! の画像2画像は「Getty Images」より引用

――ご自身も仏教僧だったんですね!

博士 仏教の一派であるテーラワーダ仏教が盛んなスリランカで得度しました。ですが、テーラワーダ仏教徒というわけではなく、世界中の様々な仏教学校やコミュニティで学んできました。日本の禅仏教にも触れたことがあります。

 そこで気づいたことですが、仏教には多種多様な宗派がありますが、どれも向いている方向は同じということです。道は違いますが、最終的に行き着くところは同じだと思っています。

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

コメント

5:匿名 2019年2月10日 14:22 | 返信

>> 4

リラックスよりも意識をコントロールみたいな感じだな
本当に寝てしまったら倒れて危ないもんな

4:匿名 2019年2月10日 04:33 | 返信

>> 3

眠くなるのは本来の瞑想とは違うやり方をしている可能性がある。
そのままさらに眠たくなるといわゆる魔境と呼ばれる危険な状態に陥りやすくなる。
本当の瞑想は眠くなるどころか起きてる状態よりも意識がハッキリとしてくる。その延長線上にいわゆる霊能力だの超能力だのがあるだけ。別に不思議なことではない。
どなたの書籍でもけっこうなので誰か実力のある先生の書籍に目を通されることをすすめる。

3:匿名 2019年2月10日 00:49 | 返信

なかなか難しいね
集中したと思っても眠くなるしw

2:米谷明 2019年2月9日 21:58 | 返信

 中澤新一「チベットのモーツアルト」はオーム事件以来、国内で激しい批判に晒されたが、私は逆にオーム事件後に氏の著作に興味を持った。「神の発明」では、世界の宗教各派の瞑想法が紹介されており、「神秘体験」への氏の考えが披露されている。中澤氏は氷河期を乗り切って進化した人類の脳構造に「神」体験の起源を求め、独自の考えを展開なさっている。
 話は飛ぶが、安倍晋太郎、晋三親子とオーム真理教との関係をその一部として含む島津論文(英文)を読むと、中澤新一氏は政治家、メディアに嵌められたのではないかとの疑念が深まる。どちらにしても、中澤新一氏は私にとって重要な人物である。

1:匿名 2019年2月9日 13:49 | 返信

瞑想についてだが深い瞑想状態にしかも安全に到達する方法を教えている先生は意外に少ない。
よく「○○をイメージしましょう」「○○と繋がっているの想像しましょう」とかあれは瞑想でもなんでもない。
こういうわけのわからんことをやっているといわゆる魔境と呼ばれるところに陥りやすい。
瞑想法はあくまで技術であり修練法なのでイメージはさほど関係ない。息の使い方や息の吐き方、体の使い方コントロールの仕方など詳しく説明できる先生の門を叩くかそのような先生の本を読めばよい。小遣い稼ぎのためスピ本書いてる普通のおばちゃんの本なんか決して読まぬように!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。