【ガチ】仏教僧は瞑想で「5つの臨死体験」が自在にできると実験で判明! 時空の消失、異世界体験、悪魔との遭遇…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

仏教

,

体外離脱

,

実験

,

瞑想

,

研究

,

科学

,

,

臨死体験

画像は「Getty Images」より引用

 世界中で報告されている臨死体験。死の淵から生還した人は、しばしば、天国や地獄の光景、死別した人との再会、神や天使との遭遇などを体験するというが、瞑想に熟達した仏教僧はこうした体験を自由自在に引き起こすことができるという。この度、その研究結果が科学ジャーナル「Mindfulness」(3月12日付)に掲載された。


■臨死体験を引き起こす瞑想

 自身も瞑想を嗜むという英・ダービー大学のウィリアム・ヴァン・ゴードン博士は、臨死体験(NDE, Near Death Experience)に似た瞑想体験が仏教の古典で頻繁に言及されていることに注目し、世界中から瞑想に熟練した仏教僧を集めて実験を行った。

 被験者の募集にはテーラワーダ仏教、大乗仏教、チベット密教から38人の応募があり、そこから実験に適合する被験者を絞り込むため、臨死体験の調査法として利用されるグレイソンのNDEスケールに答えてもらった上で、英語の理解力や3年間の実験に参加する意思があるかを確認し、最終的に12人の被験者が残ったそうだ。

画像は「Getty Images」より引用

 12人の被験者はスリランカのテーラワーダ仏教徒4人、タイのテーラワーダ仏教徒1人、チベット仏教徒6人、日本人の大乗仏教徒1人で構成され、その83.3%は男性、66.7%が出家修行者、平均年齢は54.17歳、平均瞑想暦は28.08年だった。

 実験では、被験者である仏教僧らに「瞑想による臨死体験(MI-NDE)」と臨死体験を伴わない瞑想を行ってもらい、臨死体験を測るNDEスケール、神秘体験を測るMysticismスケール、自己執着を測るNASスケール(Non-Attachment Scale)の3つのスケールに答えてもった上で、個別に体験内容についての面接を行った。

 まず、全てのスケールにおいて、MI-NDEの方が他の瞑想体験よりも高いスコアを示し、より深いNDE体験が得られていたことが分かった。瞑想は主観的な体験ではあるが、この結果によりMI-NDEが臨死体験に近い特殊な体験を引き起こしていたことがある程度客観的に証明された。

関連キーワード

コメント

3:匿名2019年1月 7日 23:16 | 返信

答えてもった上で→✕
答えてもらった上で→○
何かを体験をしたり→✕
何かを体験したり→○
なんじゃね?

2:また最近サイコパスか身障(心身障害者)かは存じ上げませんがまたお得意の煽りが始まりましたwしかも今度は重度精神病を装っての攻撃ですw本当に困ったものですねw2019年1月 1日 19:53 | 返信

瞑想もやりすぎると病気になります。過ぎたるは及ばざるが如しです。ちゃんとまっとううな先生方の本を読み(スピ系の書く本は全部小遣い稼ぎが目当ての本だから読むに値しない)、その上で節度を守ってやるぶんには何の問題もない。

1:匿名2019年1月 1日 11:16 | 返信

仏教好きなので期待して読んでみたが、
 
実験内容の記述が下手なせいで、解り難い部分が多いが、
‟話を単純にするために
「瞑想による臨死体験(MI-NDE)」は仏教的な夢(妄想)で
「臨死体験を伴わない瞑想」を単なる夢と考える”と、
 
仏教オタク(僧)のグループが見た仏教的な夢を集めて考察した結論なだけ、にしか見えない。
集まったのが仏教オタクばかりなだけに、見る夢にもどこか共通したものがある。
ただそれだけの馬鹿馬鹿しい実験だった、というイメージを受ける。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。