【ガチ】CIA超能力研究のパイオニア断言「遠隔透視は存在する。8つの空間を重ねる新たな物理が必要」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 米国ではかつてCIAや軍が極秘裏に超能力研究を行っていたが、1990年代には「成果なし」と結論づけられてプロジェクトの多くが終結したとされている。しかし、それらの研究に関わっていた人々の中には今も超能力の実在を主張し、研究を続けている者もいる。ラッセル・ターグもその1人で、彼は超能力を説明するためには現在の物理学を更新しなければならないと考えている。

ラッセル・ターグ。画像は「Inverse」より引用

 ラッセル・ターグは1934年に米イリノイ州シカゴで生まれた。父親は映画化もされたマリオ・プーヅォの小説「ゴッドファーザー」を手がけたことでも知られる有名な編集者で、超常現象や神智学などの書籍の出版にも関わっていた。

 ターグは大学で物理学を学び、その後はレーザーの研究に携わっていた。しかし1970年代になると、スタンフォード研究所(のちのSRIインターナショナル)でハロルド・パソフと共に透視能力者インゴ・スワンの超能力研究に関わるようになる。以後彼らは遠隔地の透視「リモートビューイング」の専門家として超心理学分野で名を馳せるようになる。

人気連載
あの人が求めている“浮気相手”がわかる4択「穴占い」! SEX、ガス抜き、刺激… 当たりまくるLove Me Doがズバリ断言

あの人が求めている“浮気相手”がわかる4択「穴占い」! SEX、ガス抜き、刺激… 当たりまくるLove Me Doがズバリ断言

■あの人が求めている“浮気相手” 「“穴の開いた食べ物”...

人気連載
「あなたが蔑ろにされる理由」がわかる4択占いテスト! 関係改善するために… Love Me Doが解説!

「あなたが蔑ろにされる理由」がわかる4択占いテスト! 関係改善するために… Love Me Doが解説!

■相手があなたを蔑ろにしてしまう理由 「あなたのパートナ...

コメント

1:匿名 2019年3月19日 02:18 | 返信

政策→制作
なんじゃね?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。