ソ連に「幽体離脱スパイ」がガチ存在、米軍資料で発覚! 暗殺から機密文書盗み見まで“アストラル・エージェント”が暗躍!

画像は「Collective Evolution」より引用

 

 肉体から意識や魂が離脱する体験「幽体離脱」。誰もが一度は経験したいと思ったことがあるだろう。欧米では「アストラル・プロジェクション」と呼ばれ、近年流行の兆しを見せているが、実はかつてソ連では幽体離脱の軍事利用が行われていたのだ。

 米政府が超能力を軍事的に利用しようと試みていたことはよく知られている。ミステリーニュースサイト「Collective Evolution」(2月13日付)によると、超心理学者ディーン・ラディン氏もそうしたプロジェクトの1つに携わっていたという。

「私は米政府の機密プロジェクトに1年間携わったことがあります。政府は冷戦期の情報収集に超能力を使おうとしていたのです。プロジェクトの終わりにレポートを議会に提出しました。予知能力や他の超能力の存在を示すデータは統計学的にも有意でしたし、より一般的なトピックであれば十分に受け入れられる内容でした」(ラディン氏)

画像は「Collective Evolution」より引用

 

 こうした研究は米国が行った「スターゲイト・プロジェクト」が有名であるが、冷戦期に超能力研究の先頭を走っていたのはソ連だった。そして、ソ連が熱心に研究した超能力の1つが幽体離脱である。DIA(アメリカ国防情報局)の元機密文書には次のように書かれている。

「1970年代の終わり頃、ソ連外交官は大使館の椅子に座りながらESP(超感覚的知覚)によって、敵国の機密を盗み出すことができた。そういったスパイは催眠状態に陥り、目に見えない彼の“霊体”が肉体を離れ、大使館の機密施設に潜入。そこで最高機密の文書を盗み見る。こうしたアストラル・プロジェクションの試みはすでにラボで成功している」

人気連載
「アナタがひた隠す本性」が怖いほど当たる4択診断! Love Me Doは全部お見通し!

「アナタがひた隠す本性」が怖いほど当たる4択診断! Love Me Doは全部お見通し!

■「あなたの中に隠れている“裏キャラクター”」診断 ...

人気連載
【未解決】放置された大金が物語る“奇妙なねじれ”とは?「板橋資産家夫婦放火殺人事件」の謎

【未解決】放置された大金が物語る“奇妙なねじれ”とは?「板橋資産家夫婦放火殺人事件」の謎

 2009年5月25日0時頃、東京都板橋区の住宅街にある...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

ソ連に「幽体離脱スパイ」がガチ存在、米軍資料で発覚! 暗殺から機密文書盗み見まで“アストラル・エージェント”が暗躍!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル