破産者マップについて事故物件サイト大島てるが緊急コメント「私が運営しなかった最大の理由」とは!? 弁護士見解も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

,

,

,

,

■山岸弁護士の見解

 勝手に、他人の破産情報をインターネット上に掲載した場合、名誉毀損を理由とする民事上の不法行為責任(民法709条)を負う可能性があります。この場合、数十万円から百数十万円の損害賠償義務を負うことになります。

 これに対し、「官報」に掲載され、公の情報として知られているのであれば、名誉毀損もへったくれもないという意見もあるかもしれません。

 しかし、名誉毀損は、「真実」を広めた場合であっても成立することがあるのです。

 例えば、「あいつは、中学生の時、テストはいつも0点だった」という表現が「真実」であったとしても、その人の「社会的評価」を下げる結果となるのであれば、名誉毀損が成立する場合があるのです。

 少し前になりますが、ショーンKこと、ショーンマクアードル川上こと、川上伸一郎さんは、父親が米国人で、ハーバードビジネススクールを出て、世界7か所でコンサル会社を経営していてなどというウソの経歴で報道ステーション(テレ朝)などに出演していましたが、「ショーンKの経歴はインチキである」と表現したとしても、「ハーフで、立派な大学を出て、コンサルの手腕があるショーンK」という「社会的評価」を下げる場合には、名誉毀損は成立する場合があります。

 もっとも、この「あいつは中学生の時、テストはいつも0点だった」や「ショーンKの経歴はインチキである」という表現が、公益目的があり、且つ、公共性がある場合には、この表現の「違法性」が阻却されると考えられています。この場合、不法行為責任も、刑法上の名誉毀損罪(刑法230条)も成立しません。

 このように、その人の「社会的評価」を下げる真実なのかどうか(なお、真実でなかったら、名誉毀損は成立しやすくなります)、「社会的評価」を下げる真実であったとしても、それに公益目的があり、且つ、公共性があるのかどうかによって、名誉毀損が成立したり、しなかったりします。

 では、今回の「破産者マップ」ですが、「破産した」という事実は、たとえ真実であったとしても、その方がどこに住んでいるという表現は、はたして公益目的や公共性があるでしょうか。

 まぁ、政治家であったり、有名な経営者であったりする場合にはそうかもしれませんが、一般人が破産したという情報に公共性があるとは思えませんね。さらに、「この一般人は破産しています」と公表することに公益性があるとは到底思えません。

 結局、「消してほしかったら、カネ払え」などという“匂い”がしてきます。というわけで、これはアウトです。

イメージ画像は「Getty Images」より引用

 山岸氏は破産者マップに名誉毀損の可能性があるとしているが、実際、インターネット上では実際に集団訴訟の動きも始まっている。また山岸氏の指摘通り、金銭目的や破産者の個人情報収集のための悪質なトラップではないかとの疑いの声も強い。サイトには運営者の名前や連絡先住所などの記載はなく、削除申請者の個人情報が適切に扱われている保証もない。

 運営者・製作者の素性も、その意図もわからぬまま公開され続けている破産者マップ。一部情報によると、過去にも数度似たようなサイトが立ち上げられては消えていったという。今回のサイトも削除されたようだが、この騒動によって、個人情報の扱いをめぐる問題が改めて浮き彫りになったのは間違いない。

●大島てる
事故物件公示サイト「大島てる」代表 http://www.oshimaland.co.jp/


●山岸純/弁護士法人ALG&Associates執行役員・弁護士

もしもZOZO前澤社長が月周回旅行でレプティリアンや宇宙人に誘拐されたら、我々は救えるか? 弁護士が徹底解説!の画像5

時事ネタや芸能ニュースを、法律という観点からわかりやすく解説することを目指し、日々研鑽を重ね、各種メディアで活躍している。弁護士法人ALG&Associates執行役員として法律事務所を経営し、また同法人によせられる離婚相談相続問題刑事問題を取り扱う民事・刑事事業部長として後輩の指導・育成も行っている。芸能などのニュースに関して、TVやラジオなど各種メディアに多数出演。また、企業向け労務問題、民泊ビジネス、PTA関連問題など、注目度の高いセミナーにて講師を務める。労務関連の書籍では、寄せられる質問に対する回答・解説を定期的に行っている。弁護士としては、企業法務交通事故問題、離婚、相続、刑事弁護など幅広い分野を扱い、特に訴訟等の紛争業務にて培った経験を様々な方面で活かしている。
【公式サイト】https://www.avance-lg.com/lawyer/lawyer_yamagishi.html

文=編集部

関連記事

    関連キーワード

    コメント

    3:匿名 2019年3月20日 12:44 | 返信

    大島てる、鋭いな
    確かに人間も企業も移動するが、不動産は移動しない

    2:匿名 2019年3月20日 01:30 | 返信

    大島てるは完全にビジネスライクにこの問題にコメントしてるね……

    事故物件やブラック企業は個人(自然人)とは異なり、
    悪評が広まっても最悪解散・売却・処分すれば何とかなる。
    でも個人への悪評は今の時代永遠に残り続ける……

    やむを得ない事情により破産した人たちの過去を、
    関係のない人物がわざと広めるようなことをしていることに対する
    配慮の無さや再起を手助けする流れに逆行しているやり方が今議論を呼んでいるのに、
    大島てるは人情・感情論を無視してビジネスになるかどうかでコメントしてることに対して、
    事故物件話以上の冷たさ・怖さを感じたw

    知る権利って確かにあると思うけど……
    アメリカにある「ミーガン法(性犯罪者情報公開法)」とかとは、
    ベクトルや次元の異なる話だと思うんだよね。破産者情報って……

    1:匿名 2019年3月19日 21:51 | 返信

    確かに破産者もブラック企業所在地も移動する

    コメントする

    画像認証
    ※名前は空欄でもコメントできます。
    ※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。