【衝撃】土星の衛星「パン」は宇宙人の秘密基地だった! あまりにも古典的UFO形状で… 専門家「擬態しているだけ。確証度100%」

関連キーワード:

,

,

,

,

,

 土星には複数の衛星、つまり月があるのだが、そのうちの一つがエイリアンの宇宙ステーションではないかという疑惑が持ち上がっている。今月18日付の英「Express」が報じた。

■衛星「パン」はエイリアンの基地?

 土星には65個(うち3つは不確定)の衛星があるとされているが、エイリアンの宇宙ステーションであるとの疑惑がかけられているのは、第18衛星の「パン」である。パンは土星の環にある「エンケの空隙」と呼ばれる隙間(黒い部分)を公転しており、その名はギリシア神話の牧神パンに由来する。

画像は「Express」より引用

 NASAの土星探査機カッシーニは、2017年にこの衛星を撮影している。トカナでもおなじみUFO研究家のスコット・ウェアリング氏はその時に撮影されたパンの形状こそが、エイリアンの宇宙ステーションの証拠だと主張している。パンは非常に奇妙な形状をしており、やや潰れた球体にリングをはめたような形——つまり、古典的なUFOのような姿をしているのだ。

「このリングをみてください。これこそが、土星を周回する基地としてエイリアンが作った人工の月である100%の証拠です」(ウェアリング氏)

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ