カルロス・ゴーン被告Twitter開始で遂に「陰謀戦争」が勃発か! 悪魔の数字「18」、上がる運気、国際企業の陰謀論…!

 
カルロス・ゴーン被告Twitter開始で遂に「陰謀戦争」が勃発か! 悪魔の数字「18」、上がる運気、国際企業の陰謀論…!の画像1
ツイッターより引用

日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告の衝撃の逮捕劇から4か月。さらに謎の変装で拘置所から出てきた衝撃の釈放から1カ月。本日ゴーン氏がツイッター(Twitter)を開始し、

 

「何が起きているのか真実をお話しする準備をしています。4月11日木曜日に記者会見をします」

 と呟いたことで、事態は急な展開を迎えそうだ。

 トカナ編集部としては、「無罪請負人」の異名を持つことで知られるゴーン氏の弁護人・弘中惇一郎氏が「ゴーン氏は犠牲者であり、企業の陰謀によって貶められた」と主張するであろうと予測している。

「思えばドナルド・トランプ大統領がツイッターを始めた理由も“メディアの陰謀”から逃れるためでした。彼は、メディアとは真逆の主張を繰り返すことで、支持率を拡大し、大統領選を勝ち抜いたといっても過言ではない。また、昨今のフェイクニュース論や陰謀論の自制を促す動きも、トランプのツイッターから始まった動きといえる。今回ゴーン氏が自らのアカウントでつぶやくことで、企業側の主張と、ゴーン氏にとっての真実の食い違いがリアルタイムで明かされることになる。会見もしかり、まさに、平成最後のリアル陰謀論として、見逃せない内容となるでしょうね」(陰謀論ウォッチャー)

 ちなみに、有名占い師のLove Me Do氏がゴーン氏の生年月日を使って占った結果、「(検察側が)今年10月8日から11月7日の期間に何か決定的な証拠などを出せれば、完全に有罪にすることができる」とのことだ。また、「来年2月3日まで、カルロス・ゴーン氏を拘束するエネルギーがすごく強い」とし、ターニングポイントとなるのは2022年で、「この時に『夢の世界に行く』という運気が出ている」とのこと。一体どこへ行くのかは不明だ。

 また、作業着と安全ベストで身を包み、帽子にメガネをかけてマスクで顔を覆い、ルーフに脚立の乗ったスズキの軽自動車に乗り込んで東京拘置所を後にしたあの釈放も「地味さが運気を高めている」と語っている。

  運気が高まりつつあるゴーン氏のツイッターと会見の決断はどうなるのか? 

「ちなみに、会見予定の2019年4月11日を全部足すと18になる。18は6+6+6の悪魔の数字。これはイルミナティが好む数字でもある。ゴーン氏は裁判に勝つために、イルミナティと組んだという噂も、陰謀論界隈のみで話題になっています」(陰謀論ウォッチャー)

 今後の展開に期待しよう。

追記※ツイッター開設後、ゴーン被告がオマーンの友人側に日産資金を不正に支出したなどとして、東京地検特捜部が同法違反(特別背任)容疑で近く再逮捕する方針を固めたことが発表された。

編集部

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ