【ガチ】ヒトラーはスペイン経由でUボートに乗り、南米に向かっていた!? 本日放送『ヒトラーを追跡せよ!』の検証が凄すぎる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 2017年にヒストリーチャンネルで放送された『ヒトラーを追跡せよ!』(原題:Hunting Hitler)というドキュメンタリー番組があります。これがなかなかに凄い作品で、もっと話題になってもいいと思うのですが、NWO(新世界秩序)からの何かの圧力があったのか、マスコミはもちろんSNSでもそれほどバズっていません。

【ガチ】ヒトラーはスペイン経由でUボートに乗り、南米に向かっていた!? 本日放送『ヒトラーを追跡せよ!』の検証が凄すぎる!の画像1
画像は「History」より引用

 発端は2014年、オバマ政権が700ページに亘る秘密文書の情報開示を行ったことです。そこに記されていたのは戦後、1949年までの間、アメリカが真剣にアドルフ・ヒトラーの逃亡先についての情報を収集していたという事実です。

 そこでこの文書を元にヒトラーが本当にベルリンを逃げ延びたのかどうかを追ったのがこのドキュメンタリー。全編で12時間という大作なので最後まで見ることができなかったという人も多いようですが、3月24日に総集編が放送されるそうです(ヒストリーチャンネル番組サイト)。せっかくなのでその番組のエッセンスを紹介したいと思います。

 そもそも歴史上、ヒトラーは愛人エヴァ・ブラウンとともにベルリンの総統地下壕で自殺したことになっています。その遺体はソ連軍が確認してモスクワに持ち帰ったとされているのですが、2009年にアメリカの科学者が遺体のDNAを解析した結果、ヒトラーの遺体だとされていたものは女性であったことが判明しています。

 では本物のヒトラーはどこに消えたのか? ここから調査チームは公開文書をもとにヒトラーの追跡を始めるのです。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。