タイ仏教僧が精神障害者をボコボコにする驚愕映像が流出! 右フックからの…仏の教えを完全に忘れた”ある執着心”とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント10
関連キーワード:

,

,

,

タイ仏教僧が精神障害者をボコボコにする驚愕映像が流出! 右フックからの…仏の教えを完全に忘れたある執着心とは!?の画像2
被害者の男性。画像は「The Sun」より引用

 

「Daily Mail」によると、この日の朝、被害者はサティット氏の息子に怪我をさせてしまったらしく、サティット氏はそのことに怒り心頭だったようだ。「なるほど、大事な息子に怪我させたのなら僧侶といえども怒るわけだ」……とはいかない。家族への愛は世間的には当たり前であるが、仏教的には執着の対象にもなる。

 だからこそ、ブッダは家族を捨て苦行生活に入ったのだし、出家制度も世間から隔離されるためのシステムである。父親として息子を愛していることはよく分かるが、仏教僧としてはいかがなものだろうか。

タイ仏教僧が精神障害者をボコボコにする驚愕映像が流出! 右フックからの…仏の教えを完全に忘れたある執着心とは!?の画像3
画像は「YouTube」より引用

 

 禅仏教には、「南泉斬猫」(なんぜんざんびょう)という公案(禅問答)がある。南泉という禅師が、あまりにもかわいい子猫を取り合って弟子2人が喧嘩をしているのを目撃、猫を取り上げ「何か一言言ってみろ、言わないと猫を殺す」と弟子たちに言い放つが、弟子らは沈黙してしまい、南泉は猫を切り殺す。後に、南泉は趙州という僧にその一件を話し「お前だったらどうするか?」と問いかけたところ、趙州は草履を脱ぎ頭に乗せて立ち去った。それを見た南泉は、「ああ、お前がいたら猫を殺さずに済んだのに」と呟くという話だ。

 問答においては、趙州の奇妙な行動が問題となるが、ここで注目したいのは、南泉が躊躇することなく執着の対象となっていた猫を切り殺した点である。殺された猫はかわいそうだが、執着を生み、修行の邪魔となる対象を排除するこの姿勢こそ仏教的態度だといえるだろう。

関連キーワード

コメント

10:トランプ大統領 2019年4月18日 14:43 | 返信

中国の少林寺のように、タイの坊さんはムエタイで鍛えていたりするのか?破戒僧といった感じがする。破戒が許されるのなら仏教要らんだろうと思うのだか?世俗を絶って修行するのもオウム真理教を思い出す。常識外れになりテロリズムを植え付けられ犯罪者の道に誘導されかねない。宗教とは余りに矛盾しているし、そもそもが間違ってると思うのだ。みんな守銭奴であり、税金払ってないなど犯罪組織に悪用されやすく、宗教によって思考停止状態になり精神障害を作り出すとトカナでも紹介されていたので、社会に害しかもたらさない。私は障害者は安楽死させるべきとの考えを持つが、イカレタ奴を使う訳がないので、彼は私のパペットとは考えにくいし、守銭奴のチョンのパペットではないか?その南泉和尚も名前からしたらチョンだろう。猫を殺したら地獄行きだ!誰の化身だと思っているのだ?猫を殺すのは地蔵を破壊しているのと同じだ!古代エジプトなら集団リンチで街から生きて出られることはない。破壊神を攻撃する度胸のある者や信じぬものは地獄に落ちるなどと人々を脅して入信させるカルト教団の教祖と言えばチョンしかおらん。

9:匿名 2019年4月18日 01:51 | 返信

犬めっちゃ集まってるやんww

8:匿名 2019年4月17日 09:04 | 返信

犬の徳の高さがよく分かる映像だった。
坊さんは輪廻転生の後、下等動物からまたやり直しだろう。
人間に生まれ変わるには長くかかるはず。
合掌

7:匿名 2019年4月17日 03:33 | 返信

執着の対象ではなく、執着した側を罰するべき

6:匿名 2019年4月16日 21:52 | 返信

仏教徒ではなく、打つ教徒(ぶつきょうと)だった。

5:匿名 2019年4月16日 20:49 | 返信

猫を殺生する理由が執着ならやりたい放題でなんかおかしい異常な感じかする。

4:匿名 2019年4月16日 19:22 | 返信

趙州が友人と待ち合わせた場所まで出かけようと歩いていると、前方に南泉が見えました。
 
「イヤだな、邪魔くさい奴と出会っちまったよ。あいつは何かと問答を仕掛けてくるんだよね。何か話しかけてきたら、草履でも頭に乗せてボケたフリしてやり過ごそう」

そして、何かを話している南泉に微笑みながらも、草履を頭に乗せて待ち合わせ場所へと足早に去ってゆきました。

南泉は、またも感激してしまいました。
「なるほど! 草履は履くものだとするのは”勝手な思い込み”なのだと気づかせてくれるとは・・・・。なんと執着のない、自由な心の持ち主なのだろう。さすが趙州」
と、"勝手な思い込み”で解釈して感心する南泉でした。
 
終わり。

3:匿名 2019年4月16日 19:03 | 返信

しょせんは生臭坊主、金ほしさに坊主を装っているだけ。地元にも何人かそういうのがいる。人類には仏教もキリスト教もいらない。

2:匿名 2019年4月16日 19:01 | 返信

犬が嬉しそうに集まって来ててワロタw

1:匿名 2019年4月16日 18:44 | 返信

タイの仏僧は、物騒だな(笑)
 
異変に気付いた犬は現場にいち早く駆けつけ、
怒り狂った坊さんをなだめるようにしっぽを振る。
一匹ならず3匹も。
なかなか犬格の優れた犬たちだ。
名のある高いくらいの仏僧犬なのだろう。
 
人間のクソ坊主は犬の肉球の垢でも煎じて飲めばいいと思う。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。