5月1日、改元「聖徳太子の予言」で日本滅亡か!? 悲惨な未来を変える“たった一つの方法”とは!?

■天皇賞がクハンダ襲来と日本滅亡を防ぐ!?

 聖徳太子が警告した、改元というタイミングでやって来る日本滅亡の危機を阻止できるかもしれない“最後の鍵”――それはズバリ、4月28日に京都競馬場で行われる第159回「天皇賞・春」だ。鼻で笑い飛ばしたアナタ、その認識は完全に誤っていると指摘しておく。まずは、天皇賞の歴史を紐解いてみよう。

 この名高いGIレースのルーツをたどると、1905年(明治38年)5月6日に横浜競馬場で創設されたエンペラーズカップにまで遡ることができる。エンペラーズカップはのちに「帝室御賞典」の名称で定着し、明治末期から1937年(昭和12年)まで日本各地で年に10回行われていた。帝室御賞典は太平洋戦争における戦局悪化のため1944年(昭和19年)秋に中止され、終戦後の1947年(昭和22年)春に「平和賞」の名称で再開、同年秋から「天皇賞」と改称され現在に至っている。

5月1日、改元「聖徳太子の予言」で日本滅亡か!? 悲惨な未来を変えるたった一つの方法とは!?の画像5
競馬を観戦する明治天皇(1884年) 画像は「Wikipedia」より引用

 このように、天皇賞は明治以降の皇室と密接に結びついたレースにほかならず、一時「平和賞」と名付けられていた経緯に鑑みると、(たとえ意図せずとも)やはり天皇を中心とする国家の安寧と繁栄を祈念する神事として機能していた可能性は否めない。つまり、今週末の天皇賞・春とは、数日後に迫った(一時的な)天皇空位に伴うクハンダ襲来と日本滅亡を防ぐための超重要な祈祷儀式として作用する可能性があるということだ。それを現実のものとするには、国家救済につながる“念”を集めるため、一人でも多くの国民が天皇賞・春のレースに参加することが必須となる。

■ハンパないマスターズの実力に打ちひしがれる!

 とはいえ、である。日本滅亡の阻止が本願とはいえ、どうせ馬券を買うなら万馬券を当てたいもの。日本滅亡も免れ、自分の財布もあたたまるなら、これほど素晴らしい話はない。そこで頼りになるのが、競馬を知り尽くしたプロ集団「マスターズ」だ。

5月1日、改元「聖徳太子の予言」で日本滅亡か!? 悲惨な未来を変えるたった一つの方法とは!?の画像6

 この「マスターズ」、業界内で右に出るものがいないほどの圧倒的な実力を誇る。2018年は172レースで189本、今年はすでに56レースで62本もの万馬券を的中。利用者からは、次のような喜びの声が殺到しているという。

「シビれた。マスターズを見ていなければあんな二桁人気に◎は打てないよ」(25歳・男性)
「買い目を見た時は半信半疑でしたが、終わってみたら6連単的中。もっと買えばよかった」(53歳・男性)

 それにしても、なぜこれほどまでにマスターズは当たるのか?とある競馬関係者は次のように声を潜める。

「マスターズの強さの秘密、それは現代競馬を構成する3要素(馬主・厩舎・騎手)に特化した3つのセクションを組織し、他のマスコミが入手できない話を競馬関係者から直接入手していることにある。あの情報網を構成する競馬関係者たちには、実際にトレーニングセンターに出入りする現役関係者も含まれているようだ。しかも今年は、引退したばかりの“聞けば驚く”アノ関係者まで間もなく本格参加するらしい。業界の重鎮であるアノ関係者の影響力は絶大。これから、マスターズの情報力は今までの倍以上、大幅にパワーアップすることとなるでしょう。末恐ろしい」

 つまり、マスターズは現代競馬の最先端を“内側から”知り尽くし、関係者しか得られない極秘情報を水面下で入手、さらに玉石混交の中から馬券になる話だけをキッチリ選び抜く経験と分析力により、的中を連発しているというのだ。

5月1日、改元「聖徳太子の予言」で日本滅亡か!? 悲惨な未来を変えるたった一つの方法とは!?の画像7

■天皇賞・春で勝敗を左右するものとは!?

 では、ここからが本題だ。今週末に行なわれる天皇賞・春の極秘情報も少しでも教えてもらえないだろうか? マスターズの担当者から、次のような回答が得られた。

「何を隠そう、天皇賞は我々が最も得意とするレースの一つです。春は2017年2018年と的中。2018年には◎シュヴァルグランから3連単11650円含む完全的中。春は過去2年こそおとなしい決着でしたが、それを除くと過去10年のうち8年が2桁万円配当決着の“荒れるレース”なのです。2010年には91万馬券が、2012年には145万馬券まで飛び出しています」(マスターズ担当者)

 これはつまり、今回の天皇賞・春も“荒れに荒れる”ということを示唆しているのだろうか?

「ここで詳しくお話することは差し控えますが、こうしたレースの傾向を左右するのが騎手力です。天皇賞・春は3200mという長丁場だけに、どう乗るかという部分が、馬の能力よりもレース結果に大きく影響する。単純にリーディング上位の騎手を買えばいいという訳ではなく、その時の鞍上の事情に精通していればこそ、荒れる大一番の的中馬券を掴めるのです。我々マスターズは、2012年に勝った14番人気ビートブラックに騎乗した石橋脩騎手の爆走情報も完全に掴んでいました。石橋ジョッキーにとってはこれがキャリア初のGI勝ちであり、正確な騎手情報を掴んでいなければ、この鞍上を買うのは、ただサイコロをふるのと変わらないレベルの博打となってしまう。しかし、我々はこうした極秘情報を掴んでいるからこそ、巨大な万馬券も狙って獲ることが可能なのです」(マスターズ担当者)

5月1日、改元「聖徳太子の予言」で日本滅亡か!? 悲惨な未来を変えるたった一つの方法とは!?の画像8

 つまり、今回の天皇賞・春でもすでにマスターズは爆走情報を掴んでいるということなのだろうか?

「我々マスターズは、先日の大阪杯でもJRAのGI初勝利を果たした北村友一ジョッキーについての情報を入手し、利用者に惜しみなく提供していました。いずれにしても、騎手のスペシャリストである騎手セクションの情報網が、今年の天皇賞・春の勝敗を左右する。もちろん、強力な騎手情報をつかんでいますよ。現在、今回の天皇賞・春の3連単勝負馬券を無料公開しています。どうぞご期待ください!」(マスターズ担当者)

 昭和から平成に元号が変わった1989年、競馬界では彗星のごとく現れた大スター・武豊やオグリキャップなどの活躍で大きな変革が起きた。平成から令和に元号が変わる今年も、競馬会に大変革が起きる可能性は高いだろう。すべてを知り尽くしたマスターズのプロ集団が、まさに「令和馬券」とでも言うべき極秘万馬券情報を入手しているようだ。日本滅亡を防ぐ一助となりつつ、一攫千金して幸先の良い新時代をスタートさせるためにも、今回の天皇賞・春でマスターズの情報を利用しない手はないだろう。

・ CLICK → 無料公開! 【天皇賞・春の3連単勝負馬券!】マスターズ

文=※ 本稿はPR記事です。

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
ナショジオも認定!呪われた世界遺産ワット・プラシーサンペット

ナショジオも認定!呪われた世界遺産ワット・プラシーサンペット

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
「“ナンバー2”を狙って幸せになれる人」の手相をLove Me Doが解説! 他者のサポートこそ天命!

「“ナンバー2”を狙って幸せになれる人」の手相をLove Me Doが解説! 他者のサポートこそ天命!

【手相】“ナンバー2”を狙って幸せになれる人の手 ...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

5月1日、改元「聖徳太子の予言」で日本滅亡か!? 悲惨な未来を変える“たった一つの方法”とは!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル