5月1日、改元「聖徳太子の予言」で日本滅亡か!? 悲惨な未来を変える“たった一つの方法”とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント27
5月1日、改元「聖徳太子の予言」で日本滅亡か!? 悲惨な未来を変えるたった一つの方法とは!?の画像1
イメージ画像:「Gretty Images」

 今月30日、今上天皇が退位するとともに5月1日には皇太子さまが新天皇に即位する。30年にわたる「平成」の世が終焉を迎え、日本は「令和」という新しい時代を迎えるのだ。現在の日本は、時代の歴史的転換点にあるといえるだろう。

 4日、パナマのバレラ大統領夫妻と会見した天皇陛下は、「平成の時代は戦争がなかったということが、一番重要だと思います」と語ったという。しかし今、そんな陛下の穏やかなお気持ちを打ち砕くかのような不穏なウワサがあることをご存じだろうか? それこそが「聖徳太子の予言」である。しかも、その予言を回避するたった一つの方法があるという。

■日本最大の偉人が後世に遺した不気味な予言

5月1日、改元「聖徳太子の予言」で日本滅亡か!? 悲惨な未来を変えるたった一つの方法とは!?の画像2
聖徳太子 画像は「Wikipedia」より引用

 聖徳太子(572~622)といえば、誰もが知っている日本史上最大の偉人。生まれてすぐに言葉を発し、幼少期に当時最先端の学問をすべて修め、高僧の域に到達した天才。成人すると推古天皇の摂政として活躍しながら、数々の奇跡を起こした聖人――と、その伝説は枚挙に暇がない。

 そんな聖徳太子は未来を見通す能力も具え、幻の予言書『未来記』を遺したとされる。内容はというと、平安遷都(794年)、幕末の黒船来航(1853年)、明治維新に伴う東京奠都(1868年)など、後世に起きた数々の歴史的大事件を言い当てており、その恐るべき的中率から公式には行方不明とされ、一部の権力者に限って閲覧が許されているという。この『未来記』に、どうやら“まだ成就していない予言”として次のような記述が残されているようなのだ。

クハンダが来るため、その東の都は親と七人の子どものように分かれるだろう


 これは即ち、東京(東の都)が「クハンダ」によって八つ裂きにされる(親と七人の子どものように分かれる)ということだ。クハンダとは仏教用語で「末世に現れる悪鬼」を意味し、真っ黒な禍々しい存在で、肉体も精神も汚してしまうといわれている――となると、クハンダ襲来とは、隕石落下・核攻撃・火山噴火・原発事故による放射能汚染などを意味していると考えられる。いずれも現実化すれば、日本の存亡に関わる大惨事となるだろう。

5月1日、改元「聖徳太子の予言」で日本滅亡か!? 悲惨な未来を変えるたった一つの方法とは!?の画像3
イメージ画像:「Gretty Images」

 すると一番気になるのは、それが一体「いつ起きるのか」という点だ。実は、クハンダ襲来の時期について、陰謀論界隈では「釈迦の入滅から2500年後に起こる」と考えられている。仮に釈迦の入滅を(過去の学者たちの説に則して)紀元前480年前後とすると、まさに現在、クハンダ襲来がいつ起きてもおかしくないタイミングということになるではないか。

■“一瞬の天皇空位”が狙われる!

 さらに、間もなくクハンダが来襲することを強く暗示している事象――それが“改元”だ。今上天皇の退位は4月30日、そして新天皇の即位は5月1日である。数時間とはいえ、日付をまたぐため天皇が空位となる時間が生じてしまう。このタイミングで日本を統べる天皇家の神威が薄れ、列島を庇保する神聖なる気の弱体化が生じるであろうことは火を見るよりも明らかだ。

5月1日、改元「聖徳太子の予言」で日本滅亡か!? 悲惨な未来を変えるたった一つの方法とは!?の画像4
イメージ画像:「Gretty Images」

 つまりクハンダ襲来は、平成から令和へと時代が移り変わる4月30日から5月1日にかけて起きると考えるのが自然なのである。明治天皇の玄孫である作家・竹田恒泰氏も、たとえほんのわずかな時間であっても天皇空位の時間が生じることを強く危惧している識者の一人だ。

 では、クハンダ襲来という我が国最大の危機を目前に控えて、一介の国民にすぎない我々には何ができるのか? 日本が滅びゆく様を、ただただ指を咥えて見ていることしかできないのだろうか――いや、そうではない。トカナは、日本を救う“最後の鍵”があることに気づいたのだ!

コメント

27:匿名 2019年5月11日 07:17 | 返信

ワロタwwwww
これ以上の国賊記事は見たことないねwww

26:匿名 2019年5月4日 09:16 | 返信

キャッチバー並みの落差が面白すぎ
しかしキャッチバーとわかったら誰もついていかない
本題の広告はキャッチしたうすらばかだけを別ページへ誘わないとな
その時点で有料にしたら軽度なバカが釣れその先に進む本命ばか以外の副収入になるだろう

25:匿名 2019年5月1日 15:52 | 返信

また日本滅ぶってよ。
でもそろそろ地震とか来そうで怖いよなあ😫

24:匿名 2019年5月1日 04:06 | 返信

このくらい開き直られるといっそすがすがしい(嘘)。

23:匿名 2019年5月1日 01:32 | 返信

騙しの広告だが、おもしろかった。
第一、トカナの記事を信用する人間など元から一人もいないんだし。
トカナらしい広告でとてもよい広告だ。

22:匿名 2019年4月30日 01:44 | 返信

もはやネタ

21:匿名 2019年4月29日 12:52 | 返信

現在は
×聖徳太子
○厩戸皇子
今後は気を付けること!

20:匿名 2019年4月29日 08:47 | 返信

聖徳太子が万馬券当てさせてくれないと
日本終わらせる話

19:匿名 2019年4月27日 21:33 | 返信

天皇賞の位置づけワロタw

18:匿名 2019年4月27日 13:05 | 返信

なんだこの記事?

17:匿名 2019年4月26日 10:09 | 返信

聖徳太子による万馬券予想が気になります。
後、聖徳太子が、5万円が10万円の高額紙幣に復活して欲しい。

16:匿名 2019年4月26日 02:01 | 返信

すごいな・・・こんな広告ありなん
他記事より相当気合入ってるだろこれww

15:匿名 2019年4月24日 23:26 | 返信

>文=※ 本稿はPR記事です

これ、最後じゃなかくて
最初に書いてよね!(笑)

14:匿名 2019年4月24日 13:18 | 返信

青汁のCMかよ

13:匿名 2019年4月24日 11:32 | 返信

マジかよ聖徳太子最低だな

12:匿名 2019年4月23日 08:44 | 返信

カオスすぎてワロタ

11:匿名 2019年4月23日 07:59 | 返信

今回のはちょっとすき

10:匿名 2019年4月23日 01:16 | 返信

最初にPR記事って書け

聖徳太子、さらには天皇陛下までダシにしたな。
あんたどうなっても知らないよ。

9:匿名 2019年4月23日 00:10 | 返信

普通のトカナの記事かと思ったら、最後におもいっきり広告記事って…騙しだろこりゃ。
まあでも神事的意味合いを込めてる可能性もゼロじゃないかもね。

8:トランプ大統領(蛇喰夢子) 2019年4月23日 00:07 | 返信

万馬券当たらんと許さん!この世を破滅させてやる!と言いたかったのか?
お前がそのクハンダじゃないのか?何が滅亡だ!お前が滅亡しろ!
滅亡に関してどこに繋がりがあるんだ?どこにもないだろうが!
兎に角、令和にあやかりたくて競馬やりたいだけ!ゴールデンウイークだけに。
万馬券を当てたらパーッと使いたい♡という気満々だな。
もし当てようものなら、令和の表記の付いた酒と盃を買ってきて乾杯するに決まっている!
賭け事なら、群馬県に行ってやれ!それかアニメ・ウマ娘のブルーレイを見て必勝祈願しろ!
今回は馬と滅亡の関係ということで許してやろう。
だが、滅亡というくらいならば、もっと緊張感をもって賭け事に挑むべきなんじゃないか?
負けたら死ななければならない程の緊張感だよ!アニメ賭けグルイを見てから賭け事をしたまえ!
賭けグルイは近々実写版が上映予定だ!
賭け事の好きな君ならば、必ずその知的好奇心が揺さぶられるだろう!

7:匿名 2019年4月22日 22:03 | 返信

えがわすぐるの空白の一日は予言しなかったのか。えがわる言葉事典に載ってないかエガワル

6:匿名 2019年4月22日 21:09 | 返信

馬券買った奴らが全滅の予言か(笑)
大穴くるぞ~

5:匿名 2019年4月22日 20:55 | 返信

すげぇ。聖徳太子から始まって日本崩壊から、なんで当たり馬券必勝法になるんだ? すごいよあんた。

4:匿名 2019年4月22日 18:28 | 返信

また来年も聖徳太子の話を引っ張ってきて日本滅亡と言うんでしょ!

3:匿名 2019年4月22日 14:55 | 返信

聖徳太子に失礼だろう

2:匿名 2019年4月22日 14:16 | 返信

しょーもな。

1:匿名 2019年4月22日 13:56 | 返信

はじめ借金の話になっていたのに急に話が変わり「借金を返済したいならこの麻婆豆腐を食べることだ!」というぐらい意味不明な流れと話。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。