JRA日本ダービー(G1)期待のダミアン・レーン、報じられない情報とは!? “122週連続的中”の精鋭集団の極秘情報で一攫千金!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
JRA日本ダービー(G1)期待のダミアン・レーン、報じられない情報とは!? 122週連続的中の精鋭集団の極秘情報で一攫千金!の画像1
日本ダービーは波乱必至!

■金持ちになりたきゃ、今週は馬券を買え!

 今週は日本ダービーだ。誰もが注目し、そして多くのファンが馬券を購入するレース。その総額は何と250億円を超えるというから凄い。上場企業の年商に匹敵する売上をわずか数分のレースで稼ぐのだから、いかに競馬の魅力が浸透しているかわかるだろう。今回のダービーは無敗の皐月賞馬サートゥルナーリアや、ディープインパクトでお馴染みの金子オーナーの愛馬ヴェロックスなどが注目を集めるが、それ以上に話題となっているのはズバリ“馬券”だ。

 この春、東京競馬場で行われているG1レースはNHKマイルカップ、ヴィクトリアマイル、そして先週のオークスと、なんと3週連続で10万馬券が飛び出している。しかもこの日本ダービーは、昨年が285万円の大荒れとなっており、高額馬券が4週連続で飛び出してもおかしくない状況だ。競馬は一獲千金を狙える最高のレジャー。今回の日本ダービーこそ、絶対に見逃せないチャンスなのである。

 馬券を購入して的中させた経験があれば、きっとわかるだろう。応援していた騎手や馬がゴールを1着で駆け抜けた光景、万馬券を的中させた時の興奮や感動、絶叫して真っ白になる頭、そして他では得られない幸福感――。馬券は20歳以上であれば誰もが購入できるのだから、まだ購入したことがない読者はこのダービーでぜひ馬券を購入してほしい。何度も声を大にして言いたいほど、今回は大きなチャンスにあふれているのだ。

JRA日本ダービー(G1)期待のダミアン・レーン、報じられない情報とは!? 122週連続的中の精鋭集団の極秘情報で一攫千金!の画像2
サートゥルナーリアの扱いがポイント

■ダミアン・レーンとかサートゥルナーリアとか… それでいいの?

 日本ダービーで馬券の鍵を握るのは、一番人気が見込まれるサートゥルナーリアの扱いだろう。鞍上のクリストフ・ルメールが騎乗停止となり、代打騎乗となるダミアン・レーンは先週のオークスで3番人気コントラチェックに騎乗して大敗。あの内容を見ると、「これは危ういかも……」と、サートゥルナーリアに黄色信号が点滅したといってよい。

 では、どの馬を買えばいいのか。競馬予想の材料としては、スポーツ紙や競馬専門紙、あるいはテレビに出演している専門家らの予想がある。しかし、ある競馬関係者によると「彼らは競馬の素人にすぎない」という。

「馬の世話をしたことがない人が、体調がいいとか、気合が入っているとか解説しているけど、話にならない。全然正しくないから。バカバカしくて相手にしたくもないよ」(某調教師)

 競馬関係者と違い、マスコミの競馬記者は単なるサラリーマン。競馬の知識こそあれ、馬に関してはまったくの素人だ。そんな人々の予想にお金を払ってまで見る価値があるのか、甚だ疑問だ。そこで注目したいのが、実際に競馬内部で活躍した本物の競馬関係者たち が提供する情報だ。彼らは当然ながら競走馬のすべてを把握しており、加えて競馬関係者と密接な関係にあることで、本物の情報を得られる立場にある。まさに日本ダービーを的中させるのに最適な存在だ。その中で、競馬関係者や競馬ファンの誰もが認めるの集団が老舗競馬情報社の「シンクタンク」なのだ。

 このシンクタンク、なんと波乱となった先週の優駿牝馬(オークス)を見事的中させているのだ。12番人気2着カレンブーケドールの激走を見抜いていた情報力、そして馬体診断から見た距離適性がまさにジャストミート、見事な万馬券的中だ。シンクタンクの存在は、この日本ダービーに向けて、最強の助っ人といっていいだろう。

■“122週連続的中”の最強集団が秘密を暴露!

 そしてシンクタンクは、今年の日本ダービーについて「確信の本命馬と激走穴馬が存在する」と断言している。この穴馬は、まさにオークスのカレンブーケドールに続く存在であり、間違いなく高配当の使者となる馬である。この2頭を中心に馬券を買えば、オークスに続く万馬券的中も夢ではないのだ。

JRA日本ダービー(G1)期待のダミアン・レーン、報じられない情報とは!? 122週連続的中の精鋭集団の極秘情報で一攫千金!の画像3
シンクタンクの平井雄二元JRA調教師

 シンクタンクは、騎手時代にアサデンコウとダイナガリバーで日本ダービーを2度優勝している伝説の名騎手・増沢末夫を筆頭に、元JRA調教師の中野渡清一、元JRA騎手の安田富男、さらに元JRA調教師の境征勝と平井雄二など、現役関係者の大先輩にあたる人物が多数在籍している。彼らはまさしく競馬界の至宝とも呼ぶべき重鎮達。当然のことながら現役の競馬関係者から『本音』を聞き出せる立場であり、全国各地に万全の情報収集態勢を構築している。そういった関係者だけに、日本ダービーにかける思いはかなり強いという。

「現役時代に日本ダービーを勝った増沢もいれば、当時のルールで日本ダービーに出られなかったマルゼンスキーの中野渡もいます。さらに有力馬シルクライトニングに騎乗しながら、ダービー出走直前に怪我で競走除外となった安田富男。我々にもこのダービーには様々な思い出とドラマがあります。

 2カ月以上の情報収集を経て、徹底的にレースを分析。確信の本命馬と激走穴馬の存在をキャッチしています。自信をもって、情報提供できる段階に至りました。

 サートゥルナーリア、ヴェロックス、ダノンキングリー、リオンリオン、エメラルファイト、アドマイヤジャスタ、メイショテンゲン、ランフォザローゼス、リオンリオン、レッドジェニアル。多彩なメンバーが揃いましたが、この情報は馬券的中の大きなカギを握るでしょう。

 今年の日本ダービーは、確信の本命馬と激走穴馬の1点情報を無料で公開します。ぜひシンクタンクの情報で、感動と興奮を手にしてください」(シンクタンク担当者)

 これは、日本ダービーで馬券を購入するすべてのファンにとって朗報だろう。本物の競馬関係者が選ぶ、極上の関係者情報を無料で利用できるのだ。シンクタンクは先週のオークス的中で、現在122週連続で重賞・メインレースの連続的中記録を達成。この勢いはとどまることを知らない。今週の日本ダービーを的中させたいなら、馬券で儲けたいのなら、このシンクタンクが提供する無料情報を必ず利用しよう。

・ CLICK → 【日本ダービー本命・穴馬の1点情報】無料公開! シンクタンクク

文=※ 本稿はPR記事です。

コメント

1:匿名 2019年5月24日 13:23 | 返信

この記事読んで買う人いるのかなー?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。