小人、結合双生児、生きるミイラ… 奇形・フリークスを愛した英ビクトリア女王の真実

●ジョイス・ヘス「161歳のジョージ・ワシントンの元乳母」

「生きる161歳のミイラ」として、フリークショーに出ていたジョイス・ヘスは、実際は身体が麻痺した老いた黒人奴隷だった。ヘスはP・T・バーナムによって買い取られ、旅から旅への生活を強いられていた。ヘスが亡くなった時、話題作りのうまいP・T・バーナムは、「公開検死」を行った。医者はヘスが実際は81歳だと証言した。

小人、結合双生児、生きるミイラ… 奇形・フリークスを愛した英ビクトリア女王の真実の画像6
ジョイス・ヘス 画像は「Wikipedia」より

■フリークショーの明暗

 1840年代以前、フリークショーは低俗なものと見られていたおり、旅回りの見世物小屋として認知されていた。しかしその後、フリークショーはあらゆる年齢、階級、性別、背景の人々が楽しめる尊敬に値する文化的・芸術的な娯楽として扱われるようになったといわれている。

 ビクトリア女王によって、フリークショーには、ヨーロッパ各地の宮殿の扉も開かれた。1845年、女王のお気に入りの「親指トム」はヨーロッパツアーを敢行し、フランスのルイ・フィリップ王、ベルギーのレオポルド王とルイーズマリー王妃、そしてスペインの女王に謁見した。十数年後、彼は米大統領のリンカーンとも会った。

 しかし全てのフリークスたちが上流階級に入り込み、光輝く人生を送ったわけではない。悲惨な搾取の例は数多くあった。「161歳のジョージ・ワシントンの元乳母」ことジョイス・ヘスや、「アステカ人」ことマキシモとバルトラはその悲しい例だろう。

 純粋芸術に囲まれた恵まれた人生を送っていたはずのビクトリア女王が、それほど強くフリークスたちに惹きつけられた理由は、一体何だったのだろうか。

 しかし、ビクトリア朝の「フリークスカルチャー」は、女王というパトロン無しには、花開かなかったことは確かだろう。

参考:「news.com.au」、「The Vintage News」、ほか

文=三橋ココ

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

人魚が守る島の掟と宝【うえまつそうの連載:島流し奇譚】

人魚が守る島の掟と宝【うえまつそうの連載:島流し奇譚】

現役の体育教師にしてありがながら、ベーシスト、そして怪談師の一面もあわせもつ、う...

2024.07.10 20:00心霊
「三途の川を見に行く方法」対岸に立つ存在の正体とは…時を経て現れた闇の存在【うえまつそうの連載:島流し奇譚】

「三途の川を見に行く方法」対岸に立つ存在の正体とは…時を経て現れた闇の存在【うえまつそうの連載:島流し奇譚】

現役の体育教師にしてありがながら、ベーシスト、そして怪談師の一面もあわせもつ、う...

2024.06.26 20:00心霊
夕暮れ時の「目玉の雨」高校教師が語る戦慄の恐怖体験【うえまつそうの連載:島流し奇譚】

夕暮れ時の「目玉の雨」高校教師が語る戦慄の恐怖体験【うえまつそうの連載:島流し奇譚】

現役の体育教師にしてありがながら、ベーシスト、そして怪談師の一面もあわせもつ、う...

2024.06.12 20:00心霊
『7階の多目的トイレ』異世界とこの世を結ぶ何かが渦巻いているのか…【うえまつそうの連載:島流し奇譚】

『7階の多目的トイレ』異世界とこの世を結ぶ何かが渦巻いているのか…【うえまつそうの連載:島流し奇譚】

現役の体育教師にしてありがながら、ベーシスト、そして怪談師の一面もあわせもつ、う...

2024.05.29 20:00心霊

小人、結合双生児、生きるミイラ… 奇形・フリークスを愛した英ビクトリア女王の真実のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで