【新事実】海底には膨大な量の淡水が存在することが判明! 地底人の貯水槽か、水資源めぐりバトル勃発も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

,

,

,

,

,

 海といえば塩辛いものだが、実はその下の海底には大量の淡水が眠っているという。米国沿岸部の海洋調査で明らかとなった新事実に、世界の注目が集まっている。

Scientists Discover a Vast Reservoir of Freshwater Hidden Beneath The Ocean (Science Alert)

【新事実】海底には膨大な量の淡水が存在することが判明! 地底人の貯水槽か、水資源めぐりバトル勃発も!の画像1
画像は「Getty Images」より引用

■海の下の貯水池

 1970年代、石油を探して海底を試験掘削をしていた調査隊は、時折淡水を掘り当てることがあった。それがたまたま掘削場所に存在していただけなのか、それとももっと大きな水の層があるのか? 科学者らによる議論が続いていたが、それを調べるには肝心のデータが足りず、それどころか調査する方法もなかった。

 2015年、米コロンビア大学の地球物理学者ケリー・キー氏らは淡水と塩水では電磁波の電導性が異なることに着目、石油会社も使う海底の電磁イメージング技術を利用すれば、地下に淡水のある場所も見つけられると考えた。早速、米ウッズホール海洋研究所のロブ・エヴァンス氏らと協力し、米国北東部のニュージャージー州沖とマサチューセッツ州マーサズ・ヴィニヤード島沖を調査した。

関連キーワード

コメント

1:匿名 2019年6月27日 19:24 | 返信

淡水だったら塩分含まれて無いと思う

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。