宇宙空間で“地球のカビ”が突然変異、放射線への免疫獲得 → 地球外生命を抹殺の可能性!人類が”宇宙を滅亡”させるフラグ!

■カビが人体に必要な化学物質を生産

 しかしながら、コルテザン氏は真菌がすべて悪いものではないことも指摘している。

 同氏はカビの危険性を示唆する一方、長い宇宙旅行で必要になる可能性がある物質の生産装置として微生物を活用する研究にも取り組んでいる。真菌は細菌よりも遺伝的に人間と密接に関連していることから、地球を離れて長い宇宙の旅に出る宇宙飛行士にとって必要となるポリマー、食物、ビタミンなどの有用な化学物資を生産するのに、真菌が活用できるかもしれないのだ。

宇宙空間で地球のカビが突然変異、放射線への免疫獲得 → 地球外生命を抹殺の可能性!人類が宇宙を滅亡させるフラグ!の画像3
「Mysterious Universe」の記事より

「カビは、抗生物質やビタミンなどの化合物といった重要な物質を生産するために用いることができます。カビは人間の病原菌でもあり、そして食品を痛めるものでもありますが、単なる“悪者”ではなく、抗生物質や長いミッションで必要とされるさまざまなものの生産に活用することができます」(マルタ・コルテザン氏)

 オルタナティブ系メディア「Mysterious Universe」の記事の中で、執筆者のポール・シーバーン氏は、カビの脅威を過度に懸念する必要はないのではないかと指摘している。我々人類の歴史の中でもペニシリンをはじめとする抗生物質が適時発明されてきたように、放射線に耐性を持ったカビにもこの広い宇宙の中では新たな脅威が登場してくる可能性を主張しているのだ。

宇宙空間で地球のカビが突然変異、放射線への免疫獲得 → 地球外生命を抹殺の可能性!人類が宇宙を滅亡させるフラグ!の画像4
「Mysterious Universe」の記事より

 人類の宇宙進出に関して、思わぬ方向から新たな問題が浮上してきたわけだが、これまで我々がエイリアンの侵略を免れているのも、ひょっとすると地球上に偏在するカビに守られているからかもしれない?

参考:「Mysterious Universe」、「American Geophysical Union」、ほか

文=仲田しんじ

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

宇宙空間で“地球のカビ”が突然変異、放射線への免疫獲得 → 地球外生命を抹殺の可能性!人類が”宇宙を滅亡”させるフラグ!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル