8月12日~14日は「ペルセウス座流星群」がピークに、流れ星が見れるゾ!! 月と土星も大接近、今夜は空を見上げよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 たまには夜空を見上げてみるのも悪くない。8月12~14日にかけて、ペルセウス座流星群の活動がピークを迎える。また12日夕方から翌日未明にかけては月と土星が大接近。流れ星を見たり、接近の様子を見るなど、夜空の観測には絶好の機会といえるだろう。

画像は「Getty Images」より引用

 ペルセウス座流星群は毎年夏に観察でき、ピーク時には一時間に十数個の流星が出現することも珍しくない、観測しやすい流星群である。今年の極大(活動のピーク)は8月13日16~17時頃と予想されており、12~14日の深夜から未明にかけて見ごろを迎える。見晴らしのいい場所で北東の空を見上げれば、市街地でも数個の流星を見ることができるだろう。暗い場所ならさらに多く、一時間に40個近くの流星が予測されている。

 ただし今年は月が明るく、観測条件としてはあまり良くない。最も観測しやすいのは13日午前3時ごろ、月が沈み、夜が明ける前の時間帯だ。

画像は「国立天文台」より引用

 なお12日には、別の天体ショーも併せて観察することができる。この日は月齢11の明るい月のすぐそばに、小さいながらも土星の姿を見ることができるのだ。天体望遠鏡などを使えば土星の輪を見ることも可能だという。

 いつもはスマホの画面ばかり見て夜更かししている……という方も、たまには外に出て、夜空を流れ落ちる流星を探してみるのはいかがだろうか。

参考:「Astro Arts」「国立天文台」ほか

編集部

コメント

2:匿名 2019年8月12日 10:32 | 返信

>> 1

はいはい、ご苦労様です偽トランプさんww

1:トランプ大統領 2019年8月12日 09:48 | 返信

台風が来ていて見られそうにない気がする。
曇っていても見られるように隕石でも落ちて来ないか祈っているよ。
ペルセウスの怒りが地上を焦土化させるのだ!
許さんぞ!人間め!魔法でサタニスト共を一掃してくれる!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。