奇習! 育ての親によって虐待され続けた“悲劇のもらい子たち” 西日本”性的虐待”の裏歴史とは!?

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】

奇習! 育ての親によって虐待され続けた悲劇のもらい子たち 西日本性的虐待の裏歴史とは!?の画像1
画像は「getty images」より

 今年も母親から子供に対する虐待や、育児放棄に関する事件や報道が数多くなされているが、どうやらこうした蛮行を我が子に対して行う親たちというのは、昔からかなり存在していたようで、そうした憂き目に遭う子供たちが、ツテを頼って親元を離れ、親類縁者へと引き取られていくケースも少なかったようだ。しかしそうした事例のなかには、逆にそうした選択によって、さらなる不幸に見舞われる場合も、少なからずあったようである。


「もともとこのあたりじゃ、割と豊かな家が多かったものでね。その関係で、よそからもらわれてくる子も結構いたもんさ。けれどもね、そういう子らのほとんどは、“もらわれなければよかった”と後悔していたと思うんだよな」


 西日本のとある海沿いの城下町にかつて存在していたという“もらい子”の風習と、それにまつわる悲劇についてそう語りはじめたのは、当地で代々続く商家を、現在も受け継ぐ形で営んでいるという吉弘義道さん(仮名・87)。吉弘さんの話によれば、その昔、多くの子供たちが、全国各地の寒村から引き取られてきたという当地の富裕層宅では、彼らを対象とする形での、実に忌まわしい行為が平然と行われていたのだという。


「もともとよその子らを引き取ってきて、それを食わせて一人前にしたところで、大人になってから稼げる金っていうのはたかが知れてるわけ。でも、このあたりの金持ちはね、それこそ血眼になって、そういう子供たちを探しては引き取ってきていたのよ。うん、そう、慰み者にするためにだよ」

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ