無修正わいせつ動画投稿女性、「X県・伝説のオンナ集落」で撮影か!? 部外者は入れない謎の”男人禁制小屋”の実態とは?

関連キーワード:

,

,

,

,

,

無修正わいせつ動画投稿女性、「X県・伝説のオンナ集落」で撮影か!? 部外者は入れない謎の男人禁制小屋の実態とは?の画像1

 インターネットの動画サイトに無修正のわいせつ動画を投稿して逮捕された20代女性が、先ごろ、わいせつ電磁的記録記録媒体陳列の罪で起訴され、話題になった。しかし、この事件にはそれ以上の深い闇が隠れているようだ。過去に放送した映像の中に“部外者が入れない謎の場所”があったと指摘する人がいる。

「問題の場所は、まさにその女性の住んでいる地域から行ける場所にあるんですが、ある風習に使われている部屋が映ったんです。昔あった集落の伝統を密かに続けているもので、女性たちしか入れな い場所なんですよ。なぜそんなところでエロ動画を配信していたのか謎ですが…」(同じ地域に住む男性)

 問題の女性は全裸の大股開きでの自慰行為や、男性との性行為をそのまま配信しており、どう見ても逮捕されて当然のものだったように見えるのだが、多くの配信は自室と思われる場所からのものだった。ただ、男性が指摘した一部では、別の場所からと思われる配信があり、古い小屋のような場所が背景に映っていたのである。自室からの撮影は照明をつけたままの明るいものだったが、小屋の方はやや暗め。逮捕前、その小屋の動画は削除されてしまっていたが、前出男性はそこに見覚えがあった。

「昔の歴史資料とか、都市伝説を伝えるサイトとかで画像が出たことがあって、まさにそこと同じ場所だったんです」

 男性が同一だと見た小屋は、同地に伝わる奇習の舞台で、「女性がすべてを決める集落があり、女性だけが参加できる会合がそこで行なわれた」という。

 県の中心地から、その小屋のある地域までは車で1時間以上かかる 。昭和30年代までは村として存在していたが、周辺全体でも4千人ほどしか住んでいなかったため、その後は町に合併され、後に市に吸収された。果物の美味しいのどかな場所だが、集落は村の中心部から離れた場所にあり、山道を進まないといけない。 問題の小屋は私有地にあるため、部外者は許可なく近寄れないという。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ