嫁不足に悩む寒村で受け継がれた“近親相姦”の実態! 悲劇連発も、おぞましき風習は継続し…=東北

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【日本奇習紀行シリーズ 東北地方】

嫁不足に悩む寒村で受け継がれた近親相姦の実態! 悲劇連発も、おぞましき風習は継続し…=西日本の画像1
イメージ画像:「Getty Images」

 親子や兄弟姉妹など、いわゆる“禁断の関係”というものが、世の中には少なからず存在しているが、そうした“禁断の関係”に対する人々の想いは、時として、奇妙な習慣・風習を生み出してしまう性質を持っているのかもしれない。

 

「そらね、今の人らからすると、おかしなことでしかないのかもわからんけど、当時はそれが当たり前だったわけ。なにせ嫁も来なけりゃ、子供も生まれやしない。そうなれば、いずれは村がなくなってしまうもんだからね」

 

 その昔、東北地方のとある地域で行われていたという、近親相姦についてそう語るのは、幼い頃に隣県より転居し、当地で育ったという農業・佐川道行さん(仮名・81)。佐川さんの話によると、もともと深刻な嫁不足に悩まされてきたという当地においては、昭和初期まで、近親者による子作りが、当たり前のように行われてきたのだという。

 

「普通に考えればね、血が濃すぎるということでさ、兄弟姉妹はもちろんのこと、イトコ同士でさえも、結婚することはないでしょ。けれどもね、このあたりじゃ、昔から本当に嫁がこないものだからね、そのままにしておくと、誰一人結婚できずに、血が絶えてしまうわけ。だからね、姉と弟とか、兄と妹とか、そういう組み合わせで、せっせと子作りに励んでいたものなんだよ」

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。