【速報】サルがテレビゲームで人間に勝利、しかも圧勝! 猿は人間より有能であるとガチ判明…衝撃の大学実験!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 人間はサルのように木を登ったり高いところで機敏に動いたりできないが、その代わりに問題解決能力に優れ、パズルのような複雑なゲームも得意……なはずだ。しかし、米国で行われた実験では、簡単なテレビゲームのプレイで、サルが人間に勝る賢さを見せるという事態が起きていた。この実験結果は論文にまとめられ、今年9月にオンラインジャーナル「Scientific Reports」で発表されたのだが、興味深いことに、サルと人間には戦略の違いが見られたという。科学ニュースサイト「Live Science」(10月17日付)が報じている。

Game Over: These Monkeys Just Crushed Humans on a Computer Game (Live Science)

画像は「Daily Star」より引用

「我々は非常にユニークな種であり、地球上の他の生物とは非常に異なる様々なやり方を持っています。しかし、時には実に愚かな生物でもあります」

 そう語るのは、今回の論文の筆頭著者である米ジョージア州立大学心理学部のユリア・ヴァツェク氏である。ヴァツェク氏らはサルの認知的柔軟性(様々な方法を試しながら柔軟に問題解決方法を探る能力)を調査するため、大学生56人と29匹のサル(オマキザルとアカゲザル)にテレビゲームをプレイしてもらい、簡単なパズルを解いてもらった。

 ゲームのルールは非常に単純で、画面に浮かんだ4つの四角形のうち、最初に縞模様のものをクリックし、次に水玉模様のものをクリック。すると残り2つの無地の四角形のうち片方が青い三角形になるので、これをクリックするというものだ。青三角形をクリックするとクリアとなり、サルはバナナ入りのクッキーを手に入れ、人間の場合は歓声が流れる仕組みになっている。

 大学生とサルがゲームのルールに慣れた頃合いを見て、研究者たちはゲームに“ショートカット”を追加した。ゲームを始めるとすぐに青い三角形が表示され、それを素早くクリックすればクリアになるという単純なものなのだが、この後、人間とサルの戦略に大きな差が現れたのである。

関連キーワード

コメント

3:匿名 2019年10月21日 12:43 | 返信

確かに東アジアはそれ以外の地域に比べて定型発達の割合が異常に大きいという統計はある。

2:匿名 2019年10月19日 10:49 | 返信

これは朗報。ジャップ猿が世界制服可能だな。よかったな。ウヨ猿。

1:匿名 2019年10月18日 19:57 | 返信

長期安定政権の謎が今解けました。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。