「雇った殺し屋が下請けを雇い」5次請け到達までの“全詳細”が判明! 1番目はやり手で3番目がバカ…暗殺のピンはね全貌!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

,

,

,

,

「雇った殺し屋が下請けを雇い」5次請け到達までの全詳細が判明! 1番目はやり手で3番目がバカ…暗殺のピンはね全貌!の画像1
画像は「getty images」より

 殺しの下請けが繰り返され、最終的に死者ゼロという摩訶不思議な事件が中国で起こった。

 その概要はこうだ。英「BBC」(10月22日付)によると、中国のビジネスマンTan Youhuiは、競争相手を“取り除く”ため殺し屋Aを雇ったという。しかし、殺し屋Aは別の殺し屋Bを雇い、殺し屋Bは殺し屋Cを雇い、殺し屋Cは……。最終的に5次請けの殺し屋まで話は流れて行ったというから驚きだ。

 この複雑な下請け合戦が始まったのは2013年のこと。ターゲットとなったWei氏がTan氏の会社に対して訴訟を起こしたことがきっかけだという。長期の裁判で資産を失うことを恐れたTan氏は、約3100万円で殺し屋のXi GuanganにWei氏の殺害を依頼した。

 すると、依頼を受けたXiは、別の殺し屋Mo Tianxianに殺しを依頼。それに加えTan氏に殺しの成功報酬として追加で1500万円を要求。ちょうどMoに約束した報酬が1500万円だったため、その穴埋めをしようという魂胆だ。何もせずに手元に1600万円が残るにも関わらず、さらに搾り取ろうとは、真正の極悪人だ。

 そして、Moもまた別の殺し屋Yang Kangshenに殺しを依頼。手付金約415万円を払い、成功報酬として約770万円を約束した。

 まだまだ下請け合戦は止まらない。Yang Kangshen(Yan Kとする)もまた別の殺し屋Yang Gunagshen(Yang Gとする)に約300万円で殺しを依頼、成功報酬として770万円も約束したのだ。って、おいおい、Yan K、それでいいのか? 成功報酬770万円まであげてしまったら、最終的に手元には115万円しか残らないのでは!?

「雇った殺し屋が下請けを雇い」5次請け到達までの全詳細が判明! 1番目はやり手で3番目がバカ…暗殺のピンはね全貌!の画像2
画像は「BBC」より

 4人目の殺し屋Yang GもLing Xiansiという別の殺し屋にWei氏の殺しを依頼。その金額約150万円。最初の3100万円からピンはねされ続けて、約20分の1の金額になってしまった……。

 この時点で一番儲けているのは、最初に殺人依頼を受けたXi。手元に1600万円残り、成功報酬1500万円が加算されれば、当初の金額通り3100万円を手にする。Moは手元に1085万円残っているが、成功報酬としてYang Kに770万円払うため、最終的には315万円。Yang Kは手元に115万円残り、成功報酬として770万円を得るが、それをそのままYang Gに渡してしまうため、最終的な残りも115万円。Yan Gの手元には150万円残り、それに成功報酬として770万円が加算されるため、最終的に920万円。そして、Lingは150万円。なぜか3番目のYang Kがもっとも取り分が少ない。

関連キーワード

コメント

3:私はロボットでもAIでもなく大統領でも宇宙人でもありません 2019年10月27日 07:07 | 返信

この国の一部権力者も相当な悪なのだが、それよりも実は問題なのはそういうのに知ってか知らずか媚を売り応援しちゃうB層的なのが一番厄介だと最近気がついた。
そもそも知ろうと思えばインターネットは24時間365日いつでも使える状態なのにそんな時代に知らなかったわからなかったではもはや誰もすまされない。フランスのような革命が日本にも起きれば権力者のみならずそういうのも逮捕の対象とした方がよいだろう。

2:トランプ大統領 2019年10月27日 00:52 | 返信

>> 1

お前は何を言っているんだ?ロボットではなくAIだというのか?
悪の宇宙人のロボットだったら、犯罪でも嫌がらせにホモ行為など何でもするだろう。
大昔から日本にやって来て日本人に成りすまし
日本人を殺そうとしたり、恨んでいる理由を全く答えられないのだから、ロボットだ。
特に食べ物を食べた感想や日常生活について語れなかったり、創価学会について調べたり語れなかったりが全くできないとなると、悪のAIチョン天皇そのものか操られたロボットを疑わざるを得ない。

偽装を持ちかける殺し屋なんて映画にあったよ。
しかし遠くに逃げても生活が大変なわけだし、なことをして意味ないと思うのだが、それはチョンの作った映画だから仕方ない。下請けに頼むなんてのは実は詐欺師で殺し屋じゃないんじゃないか?まるで伝言ゲームでもやっているのかと思う。

1:私はロボットではありません。 2019年10月26日 10:27 | 返信

第一法則:ロボットは人間に危害を加えてはならない.またその危険を看過することによって,人間に危害を及ぼしてはならない.

第二法則:ロボットは人間に与えられた命令に服従しなくてはならない.ただし,与えられた命令が第一法則に反する場合はこの限りではない.

第三法則:ロボットは前掲の第一法則,第二法則に反するおそれのない限り,自己を守らなければならない

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。