【天皇陛下即位パレード】あの激ヤバ有名人3人が公安監視対象か!? 小室圭さんの母も…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
秋篠宮殿下、不憫な悲壮会見の舞台裏…紀子さま混乱の本当の理由とは? 小室圭さん問題が悠仁さまに負荷を…の画像1
サンデー毎日増刊 おめでとう眞子さま 小室圭さんとご結婚へ』(毎日新聞出版)

 

 11月10日に延期されていた天皇陛下の即位に伴う祝賀パレード「祝賀御列の儀」がついに行われる。天皇皇后両陛下は午後3時ごろ皇居をご出発になり、赤坂御所(前東宮御所)まで4.6キロメートルをオープンカーでパレードし、国民の祝福を受けられる。前回は44台の車列が走った沿道が、約12万人で埋まった。御所到着は午後3時半の予定で、大変な混雑が予想されている。

 当然、警視庁は有事が起きぬよう最高レベルの警戒態勢を敷く。20年ぶりに最高警備本部を設置。警視庁公安部は中核派や革労協、反天皇制運動連絡会ら左派グループ主要メンバーらをリストアップし、監視対象者として徹底マークするという。10月17日発売の「週刊新潮」(新潮社)によると、その中には元女優・藤谷美和子の名前まであるというから驚きだ。芸能関係者の話。

「藤谷さんは2003年6月に皇居・坂下門にタクシーで乗り付け『紀宮さまは私の妹です。早く通して下さい』と侵入を試みて、皇宮警察に阻止されました。その後、藤谷さんは体調を崩し、芸能界を事実上引退。2012年には小田原市内で徘徊する姿が報じられています。現在は関東で独り暮らししているようですが、公安は念のため、彼女の動向に留意しているようですね」

 このレベルで「監視対象者」となるなら、れいわ新選組の山本太郎氏はどうだろうか。2013年の秋の園遊会に出席した山本氏(当時は参院議員)は天皇陛下に直接手紙を渡した。内容は東日本大震災による原発事故の現状を訴えるものだったというが、陛下への手渡しはご法度。さすがに今回のパレードに割って入るようなことはしないだろうが、その動向には注目が集まる。

 そしてもう1人、内閣調査室、通称「内調」の関係者からある人物の名前が飛び出しているという。一般紙の社会部記者は「小室圭さんの母親である佳代さんですよ。2週間ほど前に内調の人から『小室佳代さんってどこにいるかわかりますか?』と問い合わせがあったのです。理由を聞いてもはぐらかされるだけ。もしかしたら、今回の皇室行事と何か関連があるのかもしれません」と話す。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。