「小児性愛の大富豪エプスタインは自殺ではなく他殺」検死した伝説的医師が結論! 不可解すぎる謎多数… やはり口封じか!

 大富豪の小児性愛犯罪者ジェフリー・エプスタインが、8月10日にニューヨークの矯正施設の独房で、死体で発見されたことは大きなニュースとなったが――。

■エプスタイン他殺説が浮上

 先月、米メディアFOXのニュース番組「フォックス&フレンズ」で、エプスタインの死に関する爆弾インタビューが放送された。

 エプスタインのきょうだいに雇われ、検死に立ち会った元ニューヨーク市検察官で病理医のマイケル・バーデン医師は、エプスタインの遺体は自殺ではなく、絞殺による殺人の明白な兆候を示したと述べたのだ。

「小児性愛の大富豪エプスタインは自殺ではなく他殺」検死した伝説的医師が結論! 不可解すぎる謎多数… やはり口封じか!の画像1
エプスタインの検死に立ち会った元ニューヨーク市検察官で病理医のバーデン医師 「Daily Mail」の記事より

 バーデン医師は2万体以上の遺体を検死したキャリアと、暗殺されたジョン・F・ケネディ大統領はじめ、OJシンプソン事件など数々の大事件を手掛けた大ベテランの検死医である。米ケーブルテレビ局「HBO」では、バーデン医師を主役にした人気ドキュメンタリー番組「検死」も放送されている。

 バーデン医師は、エプスタインの遺体には喉頭の両側に2つの骨折があり、そしてもう1カ所、のどぼとけ上の左舌骨にも骨折があったと説明した。そして医師は、こう述べる。

「これらの3つの骨折は、自死である首吊りでは非常に珍しく、絞殺のケースでより頻繁に起こります」(バーデン医師)

 またエプスタインの遺体の骨折を示す写真が、バーデン医師の提供によって今回初めて公開された。

「小児性愛の大富豪エプスタインは自殺ではなく他殺」検死した伝説的医師が結論! 不可解すぎる謎多数… やはり口封じか!の画像2
エプスタインの遺体にあった3カ所の骨折部分 「Daily Mail」の記事より

 現在、85歳になる法医学の先駆者は、インタビューでこう断言した。

「私はこの50年間、自殺で、このような3つの骨折が起きたのを見たことがない」

 そして、この事実は、自殺と結論づけたニューヨーク市医学検査官、バーバラ・サンプソン検視局長の見解と大きく矛盾する。

 バーデン医師は、サンプソン氏の下した「自殺という結論は間違いだ」と主張する。

「小児性愛の大富豪エプスタインは自殺ではなく他殺」検死した伝説的医師が結論! 不可解すぎる謎多数… やはり口封じか!の画像3
「Daily Mail」の記事より

 バーデン医師は、体重54キロの人が首つり自殺をした場合、身体には頭の重さ以外の50キロ近くの圧力がかかるが、通常、骨折まではしない。しかし首を絞められた場合には、首に2倍または3倍の圧力がかかり、エプスタインの遺体で起きたような骨折が起こり得るのだと説明した。

 また別の疑問点として、エプスタインの目に出血があったことを挙げる。目の出血は絞殺ではしばしば起こるが、自殺では本当にまれにしか起こらない。

 バーデン医師によれば、シートから作られたと思われるねじった糸が、エプスタインの首にかけられていたという。その糸にはエプスタインか、あるいは誰かのDNAが付着しているはずで、バーデン医師はその鑑定結果を待っていると話す。

「小児性愛の大富豪エプスタインは自殺ではなく他殺」検死した伝説的医師が結論! 不可解すぎる謎多数… やはり口封じか!の画像4
「Daily Mail」の記事より

■自殺監視の対象から外れていた

 また他にも、エプスタインが自殺だと結論づけるには、非常に不可解な点が幾つもあるのだ。

 エプスタインは7月23日に、刑務所の独房の床で発見されたことで、施設側から自殺監視の対象となっていた。しかしその後、なぜかエプスタインは自殺監視の対象から外され、他の被疑者1名と一緒に独房に入れられた。

 そしてさらに疑惑を招くのは、エプスタインが死んだ日、刑務所保安官が従うべき手続きを怠ったことだ。

「エプスタインのいる区域を担当していた2人の警備員が、2人とも同時に眠りに落ちてしまい、30分おきに行うはずの巡回を3時間以上もしなかったことが判明した」とバーデン医師は述べ、施設内の防犯カメラも使用不可能となっていた、と指摘した。

「小児性愛の大富豪エプスタインは自殺ではなく他殺」検死した伝説的医師が結論! 不可解すぎる謎多数… やはり口封じか!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで