JRAジャパンC(G1)武豊 VS 超一流外国人騎手の戦いの行方は? そして初の外国馬不在の本当の訳!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
JRAジャパンC(G1)武豊 VS 超一流外国人騎手の戦いの行方は? そして初の外国馬不在の本当の訳!の画像1
ジャパンカップはまさかの事態に

■今年のジャパンカップはとんでもない波乱含み

 野球の世界一を決める「プレミア12」が終了、宿敵韓国を破り日本が世界一に輝いた。息もつかせぬ展開と素晴らしいプレーの数々、まさに決勝戦に相応しい見事な試合だった。来年の東京オリンピックを前に、この秋はスポーツの国際大会がいくつも開催されたが、どの競技でも日本人選手の活躍が目立った。さあ次の舞台は今週末、世界の強豪を迎え撃つ注目の戦い、日本競馬が誇る最大の国際レースであるジャパンカップ(JRA)だ。このレースは外国の一流馬を日本に招き、日本の一流馬と対決する伝統の一戦。ところが39回目となる今年、初めて外国馬が不在というまさかの状況に陥ってしまったのである。

 昨年のアーモンドアイやディープインパクトのように、日本馬の強さを見せつける絶好のチャンスであったが、今年は外国馬不在という寂しいレース。それでも日本を代表する豪華メンバーが集結し、大きく盛り上がることは間違いない。昨年はアーモンドアイ人気の影響で3連単が2690円の低配当だったが、今年は同馬が不在で混戦模様、一転して高額万馬券が期待できるレースとなった。それだけにファンの注目は俄然上昇、

「これこそ一獲千金のチャンス」
「冬のボーナスを先取り」

と大きく盛り上がっている。そこで今、ジャパンカップとはどんなレースか、過去の傾向や今年の様子を把握しておこう。

■社体グループの情報を完全把握、馬券を的中させまくるシンクタンク

 11月24日の日曜日に東京競馬場で行われるジャパンカップは、直近の過去10年で万馬券は8度あり、さらに20万馬券と30万馬券も一度ずつ飛び出している。さすがに日本競馬界最高峰のレースだけあり、過去の優勝馬はアーモンドアイ、キタサンブラック、ジェンティルドンナ、ブエナビスタ、ウオッカ、ディープインパクトなど歴史に残る名馬ばかり。優勝賞金は3億円と破格で、多くの馬主や騎手が日本ダービーとともに目標とするレースだ。

 そしてもう一つのポイントは、ノーザンファームや社台グループの生産馬が圧倒的に強いことにある。ノーザンファームは日本を代表する生産者であり、シルクレーシングやサンデーレーシング、キャロットファームなど多くのクラブ馬主を中心に、有力馬主と密接な関係にある。この秋も秋華賞(クロノジェネシス)、菊花賞(ワールドプレミア)、天皇賞・秋(アーモンドアイ)、エリザベス女王杯(ラッキーライラック)、マイルチャンピオンシップ(インディチャンプ)とノーザンファームの生産馬がG1レースを5連勝中。そしてジャパンカップでも過去10年で7勝と圧倒的な成績を残している。今年も出走予定馬15頭中14頭が社台グループの生産馬という異常な状況。つまり、馬券的にも社台グループ馬の情報を正確に把握することが的中の近道といえるのだ。

 しかし、社台グループが自らの情報を一般に公開することはないし、一般のマスコミも取材できるわけではない。そこで注目したいのが、ノーザンファームを含めた社台グループの核心と呼べる情報も把握できる競馬情報集団「シンクタンク」だ。このシンクタンクは日本を代表する競馬関係者が多く所属する本物の競馬関係者集団。オグリキャップでジャパンカップに騎乗した増沢末夫氏を筆頭に、元JRAの調教師や騎手など日本を代表する大物が集結。全国に構築した情報網を使い、社台グループの情報はもちろん、様々な競馬情報を集めて競馬ファンに提供している。

JRAジャパンC(G1)武豊 VS 超一流外国人騎手の戦いの行方は? そして初の外国馬不在の本当の訳!の画像2
シンクタンクの平井元JRA調教師

 そのシンクタンクが提供する情報の的中率は圧巻で、この秋も天皇賞(秋)やファンタジーステークスの4万馬券など数々の注目レースを的中させているが、中でもジャパンカップは相性が抜群。特別チームを結成して本格的に提供を開始した過去14年で11度の的中、80%に迫るハイアベレージを記録している。つまりシンクタンクが持つ情報こそ、この社台グループ中心の日本競馬で馬券を的中させるために最も重要であるということだ。

 彼らは特に重賞やメインレースに圧倒的な実績があり、昨年から今年まで100週近く毎週的中させており、その記録は今も継続中。毎週必ず重賞やメインレースを的中させてきたのだから、その実力には本当に驚かされる。そして今週行われるジャパンカップは、シンクタンクが「この秋で最も自信があるレース」として惜しみなく情報を提供するとのこと。何やら特別な情報を把握しているようだが……!? 担当者が明かしてくれた。

■「外国産馬不在、むしろ好ましい」

「ジャパンカップと言えば、国内最高賞金額を誇り、競馬関係者なら誰もが勝ちたいと願うレースのひとつ。例年、現役トップレベルの競走馬が集結するレースだけに、今年の出走予定馬を眺めてガッカリしたファンも少なくないでしょう。しかし、この状況を悲観する必要はありません。むしろ、喜んでほしいほどです。

 その理由は、各馬の情報が分散してマスコミがジャパンカップの本質をまったく把握できていないこと、結果として印が分散して人気が割れ、我々が狙っている勝負馬に人気が集まらず、配当妙味がグンと上がったからです。さらに同様の理由で我々が期待する超穴馬もノーマークで、過去に的中させたジャパンカップの万馬券を超える配当も期待できるからです。

JRAジャパンC(G1)武豊 VS 超一流外国人騎手の戦いの行方は? そして初の外国馬不在の本当の訳!の画像3
昨年の日本ダービー馬ワグネリアンが出走

 レイデオロ、ワグネリアン、マカヒキ、スワーヴリチャード、シュヴァルグラン、エタリオウなど実績馬は多く、またルメールやデットーリに武豊など騎手も超一流が揃いました。しかしレースは波乱必至。こんなチャンスはなかなかないでしょう。的中も配当もかなりの自信度です。今回は一般向けの無料公開も実施するので、ぜひ利用してほしいですね」

 この話からも、このジャパンカップはシンクタンクの情報が最も的中に近いといっていい。しかも彼らは、この「ジャパンカップの関係者情報」をなんと無料で一般競馬ファンに向けて公開するという特別企画を実施するというのだ。もちろん読者であるアナタにもこの情報をゲットする資格がある。大混戦で波乱必至のジャパンカップをシンクタンクの情報で攻略しようではないか。そして冬の特別ボーナスをいち早くゲットし、人生の勝ち組に躍り出ようではないか。もちろん12月になれば有馬記念といったさらなるビッグイベントも待っている。その大一番に向けても、絶対にシンクタンクを活用していくべきだ。

CLICK → 【ジャパンの関係者情報を特別無料公開!】シンクタンク

※=本稿はPR記事です。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。