【ガチ】「船だ…!」NASAと宇宙飛行士の音声テープが流出!UFOの存在を確定する重要証拠!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 現在、世界中のUFOマニアが熱い視線を向けている配信といえば、NASAのライブフィードであろう。国際宇宙ステーション(ISS)からの生中継では何度もUFOらしきものが映りこんでいるのだが、そのたびに配信中止になることから、「NASAは情報を隠蔽している」という証拠の一つにも挙げられている。そんな中、またしてもこのライブフィードで事件が起きた。ISS滞在中のロシア人宇宙飛行士が“船”を目撃して叫び声をあげ、地上の管制塔とも会話を交わしたというのだ――。

画像は「UFO Sightings Daily」より引用

Russian Astronaut…”A ship!” NASA Control…”Copy all. Its with you.” Live NASA Cam, Nov 21, 2019, UFO Sighting News. (UFO Sightings Daily)

 NASAのライブフィード映像に奇妙な物体が映りこみ、しかもISSにいる宇宙飛行士とNASAの地上管制がその物体について会話する……という驚くべき光景が放映されたのは、今月21日のことだという。発見者は台湾在住の世界的UFO研究家スコット・ウェアリング氏であり、この驚くべき事態の解説動画を自身のYouTubeチャンネルにアップし、ウェブサイトにも情報を掲載した。

 問題のシーンは、ウェアリング氏の動画の2:00ごろに収録されている。ISSから宇宙空間を映している映像で、オレンジ色の物体がゆっくりと左方向へ移動している様子が映されている。そしてこの時、やや聞き取りづらいが、宇宙飛行士と管制官は確かに次のような会話をしているのだ。

ロシア人宇宙飛行士:「A ship…… (船だ)」
NASA管制官:「Copy all. We just clarified. Its with you. thank you. (すべてコピーします。我々はちょうど明らかにしました。それはあなたと共にいます。ありがとう)」

 ウェアリング氏が注目するのは、管制官の女性が宇宙飛行士の言葉を遮っているように思われることだ。まるで余計なことを言わないように牽制しているかのようだ。また、UFOらしきオレンジ色の飛行物体は動画だとぼやけてしまってはっきりと映っていないが、これはUFOから発せられている電気的な妨害によるとウェアリング氏は推測している。

画像は「UFO Sightings Daily」より引用

 なお、生中継はこの直後に打ち切られてしまったそうだ。しかし、この貴重なワンシーンこそNASAとロシアが宇宙を飛び回るUFOについての情報を把握しており、ISS周辺にもUFOが頻繁に訪れていることの証拠であるとウェアリング氏は力説する。

 去っていくオレンジのUFO、そして宇宙飛行士とNASAの謎の会話……。ウェアリング氏の見立てが正しければ、米国とロシアはこの件について協力して情報の隠蔽を図っていることになる。一体何が起きているのか、謎は深まるばかりである。

参考:「UFO Sightings Daily」「YouTube」ほか

編集部

コメント

3:トランプ大統領 2019年11月28日 13:18 | 返信

正直、画像も鮮明では無いし、カメラだと肉眼で見たのと違うし、そのオレンジ色の何かが船に見えたんじゃないかと言うしか無い。
残骸が燃えているんじゃ無いのかと思うし、フェイクの様な動画だ。

2:匿名 2019年11月27日 19:30 | 返信

タイトルにガチとか入れてる低脳は何Jに引きこもって出て来るな!

1:匿名 2019年11月27日 14:25 | 返信

管制の日本語訳ひどくない!?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。