【池袋暴走】結局、上級国民は存在するのかしないのか? 上級官僚の真実を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
画像は「ANNnewsCH」より引用

 

 今年4月、池袋で暴走した乗用車に母子がはねられ死亡した事故で、車を運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(88)が過失致死傷容疑で書類送検される。果たしてネットで噂になっていた「上級国民」は存在するのかーー。真実を探る!


【上級国民 徹底解説 前編はこちら】


 今回は、上級国民は存在しないとして引き合いに出された事件をみていこう。2019年6月1日、農林水産省の元事務次官だった熊澤英昭容疑者が、息子を自分で刺し殺したと警察に通報し殺人未遂容疑で練馬署に逮捕された。池袋で暴走事故を起こした飯塚幸三元院長とは扱いが違い、きちんと逮捕され、容疑者として報道されていることから「やはり上級国民などという制度はないことがわかった」という意見も出ている。

 その後、熊澤容疑者は息子から日常的に暴力を受け精神的に追い込まれていたことが報道され、容疑者に対する同情論が高まった。ニュースによれば殺された息子はひきこもりで一日中ネットゲームばかりしていた。さらに殺された当日、息子は近所で行われていた運動会の騒音を巡って父親と口論になったらしい。そして「川崎の殺傷事件を知り、長男が人に危害を加えるかもしれないと思った」と熊澤元事務次官が供述したというニュースが流れると、世論は一気に容疑者を擁護する論調へと動いた。

 コメンテーターたちが、

「(子を持つ親として)人ごとではないなとすごく考えさせられる」
「熊澤氏と同じ立場だったら、同じ選択をしたかもしれない」
「(出頭した熊澤氏の映像を見て)何か自分がホッとしたような表情に見えるんですよ。それは人様に迷惑をかけないで済んだというような感情の表れなのかな」

 と、社会問題としてのこの事件の背景を深く憂慮するような報道が相次いだのである。

コメント

4:匿名 2019年11月13日 20:28 | 返信

「上級国民だから、とかネットで言われているような話は全く関係なく、証拠隠滅や逃亡の恐れがないから逮捕しないという法律上の判断であるだけ」と警察だか官僚だかが言っていたが、その、逮捕しなくても逃亡の恐れがないという判断の根底に上流下流が影響しているのは間違いないだろって話だわ。
一般人はドライバー持ってるだけで逮捕されるのに、そこに一体何の証拠隠滅や逃亡の恐れがあるのかってことだよ。
警察の一般人に対する過剰な締付けが、一般国民を犯罪者予備軍としかみなしていないと見なされ反発をよんでいると気づかない盆暗官僚ども。

3:トランプ大統領 2019年11月11日 14:27 | 返信

端的に言うとチョンだ。明智光秀や坂本龍馬もチョンでチート能力を持っていて初めから金持ちなのだ。運の良い奴や不思議と商売繁盛している奴に何故か資産を持っているのは上級国民のチョンの可能性がある。厳密に言うと、そいつは悪のロボット宇宙人であるチョン天皇の祝福を受けた奴であってチート能力使い金を稼ぐ、反日ロボットである。人間の感情など無く、嘘ばかりで、人の物を徹底的に盗んで行き、追い詰められると、すぐ差別だ!などと左翼的行動を取る。やられたと思うなら、正当防衛で勝手にブッ殺すのは別に構わない。それは香港のデモと変わらんと思う。

2:匿名 2019年11月11日 07:04 | 返信

すくなくとも官僚がゆうぐうされてるのは事実
この時点で欧米のような民主国家制度では、ない日本は

1:匿名 2019年11月10日 14:12 | 返信

上級国民が官僚にしかいないというこの記事の方がミスリード。奴らは政界財界マスコミ芸能界ヤクザ宗教といろんな所にいる。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。