武豊が今まで勝てない朝日杯FS(G1)、マスコミが完全に見落としている極秘情報! まさかの展開必至の“裏事情”を競馬界OBがマジ暴露!

武豊が今まで勝てない朝日杯FS(G1)、マスコミが完全に見落としている極秘情報! まさかの展開必至の裏事情を競馬界OBがマジ暴露!の画像1
今年も関西馬が活躍するのか

■西高東低の現状を把握せよ!

 今週日曜日に阪神競馬場で行われる第71回朝日杯フューチュリティステークス(G1)は、例年にも増して注目馬が揃った。無敗の重賞勝ち馬2頭の出走、世界を代表する外国人騎手の騎乗、そして武豊にとっては朝日杯フューチュリティステークス初勝利をかけたレースでもある。さらに今年は「関西の秘密兵器」が出走するとの極秘情報を聞きつけた。

 競馬界において最も重要な馬券の鍵を握る関西馬。過去の朝日杯フューチュリティステークス好走馬を見てみると、まさに関西の秘密兵器がズラリ。昨年も関西馬アドマイヤマーズとクリノガウディーのワンツーフィニッシュで、高配当万馬券が飛び出した。2番人気のアドマイヤマーズは誰もが注目していたが、9番人気クリノガウディーの激走を見抜いたマスコミや競馬ファンはごく一部だった。さらに過去20年の優勝馬を見ても関西馬13勝で関東馬7勝と圧倒的に差をつけられている。また、馬券的に見ても過去5年で馬券に絡んだ上位15頭のうち、関西馬は10頭で関東馬は5頭と2倍の差。つまり朝日杯は「関西馬を買え」「関西馬を狙え」これこそが勝者への道なのである。

 しかし、今年の出走予定馬を見ると17頭中14頭が関西馬で関東馬はわずか3頭という構成。西高東低は相変わらずだが、14頭のうちどの関西馬を買えばいいのかわからない、というのが競馬ファンの本音であろう。昨年も15頭中11頭が関西馬だったが、その中で9番人気のクリノガウディーが2着に好走するとは思いもしなかったはずだ。逆に人気の関西馬が何頭も馬群に沈んでいるわけで、馬券に絡む関西馬と馬群に沈む関西馬の見極めこそが重要なのである。

武豊が今まで勝てない朝日杯FS(G1)、マスコミが完全に見落としている極秘情報! まさかの展開必至の裏事情を競馬界OBがマジ暴露!の画像2
馬券に繋がる関西馬の情報

■万馬券量産する最強の関係者集団

 そもそもデビューして間もない2歳戦はデータも情報も少なく、馬券の難しさは一目瞭然。ならば関西馬の情報を専門に集めるプロの関係者情報を活用するのが、勝ち組への最短距離といえよう。最近は競馬ファンにものような風潮が広まっており、にわかに注目を集めている存在こそ関西馬情報のパイオニアである「チェックメイト」だ。

 チェックメイトは関西で活躍した元JRA調教師や騎手、厩務員など様々な元関係者が所属している本物の関係者集団。スタッフの多くは元々JRAの競馬施設で働いていた人達でもあり、現在も栗東トレーニングセンターの目と鼻の先に事務所を構えて関西馬の情報を収集。実際に彼らは現役の関係者と仕事仲間であり、一部は親戚関係にあるなど一般のマスコミとは立場がまったく違う

 ゆえに彼らは、マスコミでは入手できない様々な関西馬情報を把握しており、この秋もジャパンカップやマイルチャンピオンシップといったG1レースはもちろん、他のレースでも人気薄ながら激走した関西馬情報で万馬券的中を量産。とりわけ11月23日に的中させた3連単11万6130円の1000倍馬券は圧巻だ。これは100円が11万円、1000円が116万円、3000円が約350万円となることを意味する。

■マスコミがノーマークの極秘情報を暴露!

 まさに衝撃の関西馬情報で数多くのレースを的中させているチェックメイトだが、この朝日杯フューチュリティステークスも例外ではなく「馬券になる関西馬」をしっかりと把握しているという。そんなチェックメイトのスタッフが朝日杯の裏事情を語ってくれた。

「昨年の朝日杯では、断然人気に支持された関東馬グランアレグリアが3着に敗れ、関西馬のアドマイヤマーズ、クリノガウディーが上位に食い込み、3連単は4万5180円の万馬券決着となりました。

 今年も2歳戦は関西馬が圧倒的に強く、12月1日までに行われた重賞11レースの成績を見ても、関西馬が9勝と関東馬の4倍以上もの勝利を収めています。その傾向は朝日杯でも変わらず、今年も関西馬が勝利を狙って万全の陣営と言えますね。

 2歳戦では、12月2日の段階で関西馬298勝、関東馬246勝と関西馬が50勝以上も多く勝っています。勝利数の差は意外と少ないように感じるかもしれませんが、そもそも2歳戦の大半は未勝利戦となっており、その未勝利戦では『自ブロック優先制度』により、関西馬は関西のレース、関東馬は関東のレースへ優先的に出走できるようになります。したがって2歳戦では関東馬も一定の勝ち星を挙げることができますが、重賞、新馬、1勝クラス、オープンといった『自ブロック』の制度が適用されないレースでは、関西馬が50以上も多く勝っていることになるのです。

武豊が今まで勝てない朝日杯FS(G1)、マスコミが完全に見落としている極秘情報! まさかの展開必至の裏事情を競馬界OBがマジ暴露!の画像3
新潟2歳Sの優勝馬も関西馬

 今年の朝日杯には昨年同様に人気を集めそうな関東馬が出走予定ですが、我々が掴んでいる『勝負の関西馬』もすこぶる順調で勝ち負けが期待できる状態にあります。2歳戦といえば現時点での完成度も重要ですが、それ以上に、G1レースへ向けて右肩上がりでピークの状態に持って行くことが最も大切。

 たとえば2018年の勝ち馬アドマイヤマーズは、夏場に2戦したあとにひと息入れて11月のデイリー杯2歳ステークスで復帰。叩き2戦目のG1でピークの状態へ持ち込めるよう入念に調整され、圧倒的な人気に支持されていた関東馬グランアレグリアを撃破しました。

 今年チェックメイトが入手している『勝負の関西馬』も、このレースでピークの状態へ持ち込めるようにローテーションを組んでおり、今回が過去最高の状態となるよう入念に調整されています。今回はその戦績や過去に対戦した相手との比較から人気を落としそうな雰囲気ですが、ここまでの調整課程や陣営の手応えなどから、自信を持ってオススメできる『勝負の関西馬』と言えるでしょう。

 そして今年も昨年9番人気で2着に好走したクリノガウディーのような、人気薄大ヤリ関西馬の情報もキャッチしています。朝日杯といえば、二桁人気の超人気薄が激走して波乱を演出するケースも少なくありません。我々が掴んでいる関西馬が情報通り好走すれば、万馬券決着となる可能性も十分ある。

 とにかく朝日杯の馬券を買うなら、馬券に絡む関西馬を必ず買うべきです。特に人気薄の関西馬は好配当馬券に直結しますし、この馬を買えるかどうかが大きな払い戻しを手にできるかどうかにつながるでしょう。

 つまり、我々が入手した関西馬情報を利用してもらえば、誰もが高配当の馬券を的中できる可能性はグッと高まります。今回特例ではありますが、馬券で勝ちたい、本当の関係者情報を味わってみたい、関西馬専門情報を体験してみたいとお考えの皆様へ、朝日杯フューチュリティステークスの【勝負買い目情報を無料公開】させていただきます。この機会に、今まで体験したことのない勝負の関西馬情報や人気薄大ヤリ関西馬が存在すること、チェックメイトが本物の関西馬情報を掴んでいるということを実感してほしいですね」

 これは非常に魅力的な話だ。朝日杯フューチュリティステークスの馬券作戦において最後のピースとなる「関西馬情報」を、関西の競馬関係者から直接、しかも【無料】で入手できるチャンスなのだから。この穴馬情報はマスコミもノーマークであり、完全に把握しているのは「チェックメイト」のみ。好配当必見の注目情報、来週行われる有馬記念の軍資金を稼ぐチャンスでもあるのだ。ぜひ、この機会を逃さず参加しよう。

CLICK → 無料公開!【朝日杯フューチュリティステークスの「勝負買い目!」】チェックメイト

※=本稿はPR記事です。

人気連載
新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく、その当事者...

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ