ついに火星で「蝶々の繭」が発見される! 明らかに異質な画像…「火星に進んだ生物が存在」大学教授も断言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
ついに火星で「蝶々の繭」が発見される! 明らかに異質な画像…「火星に進んだ生物が存在」大学教授も断言の画像1
画像は「YouTube」より

 先月、米生物学者が「火星に昆虫がいる」と発言、衝撃が走ったが、今度は虫の「繭」らしきものが発見された。

 発見者はトカナでもお馴染みのUFO研究家スコット・ウェアリング氏。2012年に火星探査機「キュリオシティ」が撮影した、極初期の写真に昆虫の繭が写っていたというのだ。

「蝶の繭に酷似しています。まさにそのものだという可能性も大いにあります。つまり、NASAは蝶の繭を火星に持っていき、孵化する様子を観察していたと考えられるのです。あるいは、は虫類の皮膚かもしれません。火星のような乾燥した環境はトカゲやヘビのようなは虫類にはうってつけですからね。私はこれまでに火星に液体の水があることを証明してきました。火星に生命はいるのです」(ウェアリング氏)

 ウェアリング氏が比較のために取り上げている超の繭の画像と比べてみると、確かに孵化直後の繭とそっくりである。マーズバタフライ(火星蝶)とはなんとも想像しがたいが、実は米オハイオ大学名誉教授ウィリアム・ロモザー博士は、クマバチのような昆虫が火星にいると指摘している。地球的感覚からすると、ハチがいるなら、蝶だっていても良さそうなものだ。

ついに火星で「蝶々の繭」が発見される! 明らかに異質な画像…「火星に進んだ生物が存在」大学教授も断言の画像2
画像は「UFO Sightings Daily」より

 ただ、ウェアリング氏が言うように、これらの昆虫は火星起源ではない可能性はある。NASAが将来的な火星の植民地化のため、今から火星の環境に介入しているのかもしれない。だとすると、ロモザー博士が地球の昆虫と同じ特徴を持つ生物が火星にいるとするのも当然の話だろう。

 そして、ロモザー博士は火星画像の中に生きた昆虫も発見していることから、火星には「栄養やエネルギーの供給源、食物連鎖、利用可能な水がある」はずだと指摘している。これは、火星に液体の水があると言うウェアリング氏の主張とも一致する。

 一方、YouTubeのコメント欄では、ダクトテープ、プラスチック、デブリといった憶測も飛び交っているが、真相は不明だ。ただ、ロモザー博士の発言、ウェアリング氏のこれまでの発見を考えると、火星に昆虫がいてもおかしくないのではないだろうか?

コメント

4:頻尿 2019年12月14日 08:25 | 返信

火星の環境に介入してる←頭大丈夫か?

3:匿名 2019年12月13日 00:11 | 返信

NASA画像を取ってきて拡大してみると、あー、これは引き破れて薄汚れたビニールだな。
古びたビニールハウスが台風で破れて、切れ端が火星まで飛んでいったと思われる・・・。

いや、あれだ、安易に破れたりする素材を実際にキュリオシティに採用してるのかい?、という話だな。

2:オッパイ大好き 2019年12月12日 21:04 | 返信

ただの石じゃないの

1:匿名 2019年12月12日 17:47 | 返信

どう見ても観測機器や探査機のカバーが破れてできた切れっ端。プラスチック。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。