秋元司議員に現金賄賂を運んだ男「K」がまじでヤバい! 銃刀法違反で実刑、IT関連、参院選関与、某議員の息子疑惑…IRの闇!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

,

,

,

,

,

銃刀法違反で実刑受けた過去も……  IR疑獄で現金の運び屋を担ったKの素性とは?の画像1
自民党HPより



 IR統合型リゾート)事業に関心を寄せていた中国企業の日本法人側から、同社に便宜を図る見返りに現金など370万円相当を受け取った疑いが強まったとして、東京地検特捜部は秋元司衆議院議員を収賄などの容疑で逮捕した。

 特捜部の任意の取り調べに応じている、現金の〝運搬役〟となった日本人男性が、秋元に現金を渡した旨を証言したことが、立件へのおおきな後押しとなったとみられる。

 この運搬役となった男性とは、一体どんな人物なのか。

「名前はK。本人のブログなどによると、もともとは関西の出身で、1989年に17歳で雑貨を扱う会社を起業したのを皮切りに、民間調査会社や飲食店などさまざまな業態を展開したとしています。十数年前に沖縄に拠点を移し、飲食店を開業。それ以降は、IT関連のベンチャーを立ち上げたり、コンサルタントとして参院選挙に関わるなどし、現在は『コンサルティング&プロモーション会社の役員を務めながら、独自のソーシャルビジネスを追求している』と自称しています。青年実業家を名乗って地元の政財界と活発に交流し、一部では知られる存在だったようです」(同)

 ブログでは、カンボジアやタイなどのASEAN諸国や中国・深圳でのビジネス展開もアピールしていた。沖縄県内外でさまざまな商機を狙っていくなかで、目を付けたのがカジノだったようだ。

 「IRについては、2006年に浦添市の米軍牧港補給地区(キャンプ・キンザー)の返還後の土地にカジノを含む複合型リゾートを誘致する案が浮上しました。そこに目を付けたのがKだったのです。この誘致案には自民党や経済界の一部が深く関わっており、Kはその動きを主導した地元企業に入り込んだという話です」(地元関係者)

関連キーワード

コメント

4:匿名 2019年12月27日 17:57 | 返信

1はなに必死になってんの?
親父が国会議員とあるから、国籍の一つは日本なんでしょうね。
ねえ、蓮○さん

3:匿名 2019年12月26日 14:33 | 返信

塩田

2:トランプ大統領 2019年12月26日 14:17 | 返信

>> 1

お前は何を言っているのだ?
σ(゚∀゚ )オレがプレッシャーを掛けるから、最近はウンコの事で頭がいっぱいみたいだな。そんな事していないで、こっち来いよ!待っているからさ。

1:匿名 2019年12月25日 17:09 | 返信

うんkoのkのことです
つまりは日本人のことです

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。