本当にあった「別れた男」のゾッとするほど怖い話! 執念、霊、とぐろを巻く蛇…川奈まり子の実話怪談「再会」

関連キーワード:

,

,

,

,

川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛、恋慕…これまで取材した“実話怪談”の中から霊界と現世の間で渦巻く情念にまつわるエピソードを紹介する。

本当にあった「別れた男」のゾッとするほど怖い話! 執念、霊、とぐろを巻く蛇…川奈まり子の実話怪談「再会」の画像1
画像は「Getty Images」より引用

【三十二】『再会』

 ――いやと言うほど見慣れた歩き方で、遠くからでも彼だとわかった。

 うろたえて辺りを見回したが、公園の遊歩道は狭い一本道で身を隠すものとてなく、さっきまで雨が降っていた黄昏時だからか、人気もない。

 すでに顔も見分けられるほど接近している。

 ここでクルリと後ろを向いたら、如何にもわざとらしい動きになるだろう。

 かえって注目されてしまいそうな気がした。が、言葉を交わしたくない一心で仕方なく踵を返す。

 途端に、悪い予感が的中した。

「満奈美ちゃん? 満奈美ちゃんじゃないか!」

 パッと目を上げたかと思うと破顔して、大声で呼びかけてくる――その声も笑顔も、昔と変わらない、鈴木健朗のそれだった。

「……お久しぶりです」

「どうしたの? 実家?」

「ええ、まあ。今日これから、あっちに帰りますが」

 実家に押しかけられてはたまらない。咄嗟に嘘をついた。3連休の初日に言うには無理があり、口にしてからひやりとする。

「ゆっくりしていけばいいのに。一緒に行ってもいい?」

 思わず悲鳴をあげそうになるのを懸命に堪えて、「無理です」と応えた。

「急ぎますので、失礼します!」

 早口で告げて背を向けると、とうとう我慢が出来なくなって駆け出した。

「あとで会いに行くよぉ!」

 健朗の声を背中で聞いた。

 怖い。あれから何年経つ?

 別れたのは3.11の直前だった。今日は2017年10月7日だから、6年以上になるわけだ――

 佐藤満奈美さんから電話でお話を伺いながら、2年前のカレンダーを確認したところ、その年の10月7日は土曜日で、9日の体育の日を最終日とする3連休の1日目だった。

「連休にはよくご実家に帰られるのですか?」と私は訊ねた。

「いいえ。最近は、年に2回か、多くて3回というところです。実家は福島県郡山市で、私は東京に住んでいて、会社に勤めてますし、子どもがいますから、気軽に帰るわけには……。あのときは、母が盲腸で入院していたので、子どもを連れて帰ることにしたんです」

 あのとき。今から2017年の10月7日のことだ。

「母が孫の顔を見たがっていると父が病院から電話を掛けてきたので、やむをえず。本当は別の予定を入れてたんですけど、夫も一緒に3人で訪ねました」

「お子さんはおいくつですか?」

 そのときは4歳だったと満奈美さんは答えた。

 ならば、2012年か2013年に生まれた計算になる。

 しかし彼女は公園で再会した鈴木健朗という男性と「別れたのは3.11の直前だ」と言っていた。

 私は一応、「ご結婚はいつ頃でしたか?」と質問した。

「2012年の5月です」と満奈美さんはよどみなく答えたが、急いでこう付け足した。

「夫とは、元カレと別れてから、東京で出逢ったんです」

 聞けば、3.11の大震災のときには、すでに満奈美さんは東京に住んでいたのだという。2011年の2月末に、それまで住んでいた郡山から東京へ引っ越したそうだ。

 元カレこと鈴木健朗に別れを告げたのもその頃のことなのだろう。

 私は「いっぺんにいろんなことが押し寄せてしまったんですね」と述べた。

「ええ、本当に! 転職、引っ越し、3.11……。3月の半ば頃、東京の私のアパートに来るように両親を説得している最中に、たまたま近所のボランティアグループの人たちと知り合って、みんなで車に乗って被災地に行くことになって。今の夫はそのグループのメンバーでした。小学生の頃に郡山に住んでいたそうで、話が合ったんです。それで、もう男の人はコリゴリだと思っていたのに、出逢ってから1ヶ月ぐらいで付き合いはじめちゃいました」

「そしてご結婚されたわけですね。ご両親は喜ばれたんじゃないでしょうか?」

「はい。大喜びでした! 郡山は被災地の中では比較的、被害が少ない方だったとは言っても、あの頃は断水もあったし、父の取引先の人や母の同級生が亡くなったり、行方不明になったり、暗いことばかり続く中で、唯一明るいニュースだと言って……。私は、元カレのことで親にも迷惑を掛けたから、結婚することで喜んでもらうのが、どこか罪滅ぼしみたいな気持ちもありました」

 満奈美さんは鈴木健朗の名前を口にするのも厭なのだ、と、このとき私は気がついた。

 私は「鈴木健朗さんに……」と敢えてその名を口にしながら訊ねた。

「一体何をされたんですか?」

人気連載
新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく、その当事者...

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ