ガチ組織「包茎サークル」元会員の70歳に取材! 入会の掟、男性器包み込みの儀、女性包茎も…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

本記事に登場する包茎のクニオさんが出演した「トカナ」プロデュースのネット番組はコチラ↓

ネットで噂のヤバイニュース超真相:U-NEXTAmazonひかりTVビデオマーケットDMMTSUTAYA TVRakutenTVふらっと動画ゲオTVVIDEX

――日本で最もヤバイ人間を集める元SM誌編集者で地下編集者・福田光睦が取材!

写真:福田光睦


<日本一狂った70歳「性器ピアス・バイ菌マニア」爺さん・
クニオを追った「前編はこちら」>


■アンダーグラウンド中のアンダーグラウンド“包茎サークル”

 そして、クニオさんといえば《マニア》である。

 クニオさんは以前、自らの活動を収めたアルバムを見せてくれたのだが、そこには想像も絶するマニアの世界が広がっていた。

 まず驚愕したのは、「包茎サークル」である。

 世の価値観とは全く逆であるその集まりは、誇り高きマニアックスたちのサークルだ。そこにおいては、包皮は長ければ長いほど偉いとされ、剥いたりしようものなら蔑みの視線を送られる厳しい世界。

「俺なんかはまだ甘いから、すぐ剥こうとしちゃうんだよな。だから、その集まりだと肩身が狭いんだよ」

 そんな包茎サークルでの定番といえば、お互いの包茎を繋げる行為である。

 より長い包皮を余らせている方が小さい方の男性器を包み込み、綱引きのような状態になる。その密着感と掻痒感を楽しむ遊びである。

 上級者になると中で尿を漏らし、真空状態にしてその密着度も高めるという荒技もあるという。

 ちなみに、メンバーには女性もいるらしい。

「女の場合はさ、ビラビラが長い人なんだよな。凄い人になると500ミリのペットボトルを上手く風呂敷みたいに包んでさ、股間に持ち上げて全然落ちてこないんだよ(笑)」

 10年近くSM雑誌の編集をしてきたが、そんなサークルの噂など聞いたこともない。

 どうやってそこに辿り着いたのかといえば、やはり“足”だそうだ。

「いろんな場所に行っていろんなチラシを持って帰るとさ、たまにそういうのが書いてあるんだよな。俺はパソコンとかやらねえからさ」

 年季の入った本当のマニアは、いまだグローバリズムの外にいるのかもしれない。

コメント

1:トランプ大統領 2019年12月30日 12:27 | 返信

銭湯で子供のチンコ見る限り、やたら長い包茎は生まれつきだろうから分かるのだが、あの剥け剥けのチンコはどうなったらあんな松茸みたいになるのか?分からんのだ。単にチンコ勃起させ過ぎとか?性交のやり過ぎとか考えてしまうな。自ら切断した人はいないだろうし、男の俺でも聞きにくいことで分からんので教えてもらいたい。そもそも同じ人間ではなく人種も違うのでそんな剥けチンになるのか?疑問である。外人のチンコ見ても、今のところそんな剥けている人を見たことが無いし、どんな人種の人も大きさは同じくらいだぞ?白人も東南アジア系も黒人もアラブ人も同じくらいだ。そんな大差がない。皮を引っ張って遊んでいる幼稚なオッサンがなぜ包茎のこだわるのか?逆に剥けチンに興味を持って、なんでそうなのか考えて方が有意義な気がするな。大体、そんなクラブを作って遊んでいないで、本業の刀鍛冶をもっと力を入れて、弟子を育てたり、良い刀を作って作品展や販売などした方が良いだろう?それとも、刀鍛冶だけにチンコをもっと勃起させて自らの刀を鍛える刀鍛冶として、有名になるのも有りだろうが、皮を引っ張って遊ぶのと変わらんし、アホすぎるので、普通に刀鍛冶を発展させた方が良い。大体、そんな刀鍛冶の人いるのか?この話は創作ではないのか?余りにもくだらな過ぎて嘘くさい。妻の妹を妊娠させて自分のものにするのがありなら、義理の母親を妊娠させて親子丼にするのも有りだろうし、どうせ結婚しないだろう、そのまた姉妹を妊娠させて増やすのも有りだろうな。一気に大家族が出来そうだ。だが私はたった一人で男でも女でも無い存在とされているようなので、クローンでしか増える事は出来んが、増えれば、そんなに大勢はいらんが性行為で増えるよりも作れそうだ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。