ガチ組織「包茎サークル」元会員の70歳に取材! 入会の掟、男性器包み込みの儀、女性包茎も…

本記事に登場する包茎のクニオさんが出演した「トカナ」プロデュースのネット番組はコチラ↓

ネットで噂のヤバイニュース超真相:U-NEXTAmazonひかりTVビデオマーケットDMMTSUTAYA TVRakutenTVふらっと動画ゲオTVVIDEX

――日本で最もヤバイ人間を集める元SM誌編集者で地下編集者・福田光睦が取材!

ガチ組織「包茎サークル」元会員の70歳に取材! 入会の掟、男性器包み込みの儀、女性包茎も…の画像1
写真:福田光睦


<日本一狂った70歳「性器ピアス・バイ菌マニア」爺さん・
クニオを追った「前編はこちら」>


■アンダーグラウンド中のアンダーグラウンド“包茎サークル”

 そして、クニオさんといえば《マニア》である。

 クニオさんは以前、自らの活動を収めたアルバムを見せてくれたのだが、そこには想像も絶するマニアの世界が広がっていた。

 まず驚愕したのは、「包茎サークル」である。

 世の価値観とは全く逆であるその集まりは、誇り高きマニアックスたちのサークルだ。そこにおいては、包皮は長ければ長いほど偉いとされ、剥いたりしようものなら蔑みの視線を送られる厳しい世界。

「俺なんかはまだ甘いから、すぐ剥こうとしちゃうんだよな。だから、その集まりだと肩身が狭いんだよ」

 そんな包茎サークルでの定番といえば、お互いの包茎を繋げる行為である。

 より長い包皮を余らせている方が小さい方の男性器を包み込み、綱引きのような状態になる。その密着感と掻痒感を楽しむ遊びである。

 上級者になると中で尿を漏らし、真空状態にしてその密着度も高めるという荒技もあるという。

 ちなみに、メンバーには女性もいるらしい。

「女の場合はさ、ビラビラが長い人なんだよな。凄い人になると500ミリのペットボトルを上手く風呂敷みたいに包んでさ、股間に持ち上げて全然落ちてこないんだよ(笑)」

 10年近くSM雑誌の編集をしてきたが、そんなサークルの噂など聞いたこともない。

 どうやってそこに辿り着いたのかといえば、やはり“足”だそうだ。

「いろんな場所に行っていろんなチラシを持って帰るとさ、たまにそういうのが書いてあるんだよな。俺はパソコンとかやらねえからさ」

 年季の入った本当のマニアは、いまだグローバリズムの外にいるのかもしれない。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ