中国のパクリ・バーガーショップ「マックタッキー」に潜入! 衣から苦い油がジュー、ポテトからは科学薬品臭…中国人「すごく美味しい」

中国のパクリ・バーガーショップ「マックタッキー」に潜入! 衣から苦い油がジュー、ポテトからは科学薬品臭…中国人「すごく美味しい」の画像1

 北京オリンピック開催直前、『パクリ遊園地』として避難を浴びた中国北京市の区営・石景山遊楽園。キャラクターの中に、ミッキーマウスやドナルドダック、ドラえもんなど、世界的に有名なキャラクターがいたことは記憶に新しい。

 諸外国のマスコミなどから散々非難を浴びたことで、それらのキャラクターはいなくなったが、園内には今でも『パクリ・バーガーショップ』が残されている。その名も、『麦肯基・MAIKENJI』。

 中国語では、マクドナルドが『麦当劳』となり、ケンタッキーが『肯徳基』となる。『麦肯基・MAIKENJI』はマクドナルドとケンタッキーをかけ合わせているものだ。かなり怪しい。とりあえず店に入ってみる。

中国のパクリ・バーガーショップ「マックタッキー」に潜入! 衣から苦い油がジュー、ポテトからは科学薬品臭…中国人「すごく美味しい」の画像2

 早速注文したのが、『チキンタツタセット』20.5元(約270円)。日本のマクドナルドでいえば、「チキンタツタセット」になる。

 まず、その見た目から。「ヒ、ヒェ~~~~!!」。包みを開けてみるとビックリ。バンズがペニョペニョになってる……。冷凍してあったものを安物のレンジでチンしたのだろうか。指で押してみると『フニャ~』。いかにも不味そう。

 気を取り直してパクッとやってみると、「ん!?」。ころもから油が『ジュ~~』。ころもというよりも掻き揚だ。健康にも悪そう……。鶏肉は、かなり筋ばっていてパサパサ。アリエナイ旨さである(笑)。油はちょっと苦いぞぉ〜。

中国のパクリ・バーガーショップ「マックタッキー」に潜入! 衣から苦い油がジュー、ポテトからは科学薬品臭…中国人「すごく美味しい」の画像3

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ