インドの大学医学部で「幽霊学」正式開講! “原因不明の病気”をアーユルヴェーダで… 医学が独自進化の衝撃理由も!

 インドの国立大学で単位が取得できる正式のコースとして“幽霊学”が開講しているという。サイエンスの砦である大学で幽霊について学ぶとはいったいどういうことなのか。

■インドの大学で正式に“幽霊学”コースが開設

 厄年を迎えて神社で“お祓い”をしてもらうという人は少なくないかもしれないが、実際に罹ってしまった病気の治療目的で神社に行く人は少ないだろう。

 だがインドの農村部などでは、今でも身体の不調を治療する目的で魔術師やシャーマンのもとへ向かう人々がまだ少なからずいる。特に精神疾患を患った者は、シャーマンなどを訪ねる傾向にあるという。インドの田舎では精神疾患、特に心身症(psychosomatic disorder)は社会的に不名誉なものであるとされていて、なるべく周囲に知られたくないと考える人が多く、公共の病院には行きにくいからである。

 こうした背景もあってのことか、インドの国立大学であるベナレス・ヒンドゥー大学では、病気の治療でシャーマンに頼る人々に訴求すべく、医学部の科目で“幽霊学”のコースをスタートさせている。

インドの大学医学部で「幽霊学」正式開講! 原因不明の病気をアーユルヴェーダで… 医学が独自進化の衝撃理由も!の画像1
「BBC」の記事より

 インドのウッタル・プラデーシュ州ワーラーナシーにある同大学がこの“幽霊学”コースを設けた主な理由は、心身症の患者には「幽霊に憑かれた」あるいは「身近に幽霊がいる」などといった心霊現象で自分の疾病を説明しようとする者が多いからである。そうした患者をむげに扱うのではなく、インドに古来から伝わる伝統的民間療法である「アーユルヴェーダ療法」に導くことを目的にこのコースが新設されたのだ。

 正式な科目名は「Bhoot Vidya」で英語に訳すと「Ghost Studies」になり、まさに“幽霊学”となる。

「“幽霊学”は主に心身症や、よくわからない理由によって引き起こされる病気、心や精神状態の疾患を扱っています」とアーユルヴェーダ学部のヤミニ・ブーシャン・トリパティ学部長は語る。

 トリパティ氏は「ゴースト関連の病気を治療するためのアーユルヴェーダ療法」について、医師に教えるコースを同大学が国内で最初に提供したと説明している。

インドの大学医学部で「幽霊学」正式開講! 原因不明の病気をアーユルヴェーダで… 医学が独自進化の衝撃理由も!の画像2
「India Today」の記事より

 一般的にアーユルヴェーダ療法は、漢方薬、食事療法、マッサージ、呼吸法、その他の運動が含まれる。インドに伝わるアーユルヴェーダ療法は、世界的に最も歴史の古い療法体系の一つで、今もアーユルヴェーダ療法のみで病気を治しているインド人も少なくなく、大部分が現代西洋医学療法と併用しているといわれている。

 かといってアーユルヴェーダ療法が決して“悪霊憑き”などの超常現象を好んで扱っているわけではないが、それでも多くの人々にとって西洋医学よりも馴染みやすいものであることは確かであるようだ。

コメント

3:匿名 2020年2月16日 14:08 | 返信

単純なオカルトの話ではなく、インドならではの事情に対応した「方便」でしょうか。

2:匿名 2020年1月20日 12:50 | 返信

代替医療の類いはよーく観察すると、どれも似たようなことをやっていると気がつく、東洋医学も中医学もアーユルヴェーダもすべて。その他すべて。それぞれほんの少し角度が違うだけだ。
我々は狂った学校教育により、“畑違いの物通しを比べるな”と教員たちによりマインドコントロールされてきたけど、こういったことに気づかせたくなかったのだろうという思惑を感じとれる。

1:匿名 2020年1月19日 21:23 | 返信

幽霊学はちょっと信じられないけど、アーユルヴェーダはちょっと興味ある。
インドのアニマルエイドって団体がそこまで立派な施設じゃないのに、顔に穴が開いた犬やヤバいくらいの皮膚病の犬を結果治してる。
いつも身体にスリスリ油みたいなのを塗ってるけど、こんなんで何でこんなに良くなるのか本当に不思議。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。