万病を“タダで”治した生命エネルギー装置「オルゴン・ボックス」とは? 医師ライヒが開発…あまりの効力にFDAが封印か!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

 もしあらゆる病をコスト“ゼロ”で治せることができれば、現在の医療システムは破綻してしまうだろう。そしてもし本当に万病を治す方法が発見された場合、どんな顛末を迎えるのだろうか。薬を使わずにあらゆる病気に有効であるとされる画期的な治療法を開発した精神科医の疑惑の死が再び取り沙汰されているようだ。

 

■万病を“タダで”治療する生命エネルギー“オルゴン”

 現代の医療は基本的には西洋医学に基づいているが、近代以前の文明にはさまざまな民間療法があったことはご存知の通りだ。そして気功やヨガなど“生きる術”として心身を癒し病を遠ざけるプラクティスも確立されている。

 こうした西洋医学のオルタナティブである民間医療や健康法が今よりももっと普及すれば、現在の医療制度はかなりの程度縮小・改善するとも思われるのだが、今のところ、先進各国で医療費と薬剤の消費量は年々増えているのが現状だ。すでに医療と製薬は一大産業となって我々の生活に深く浸透しており、効能が定量化できない民間医療や東洋医学の類いを蚊帳の外へと追いやってきた

 そもそも我々の生活はこれほどまでに薬に頼らざるを得ないものだったのか?かつて60歳で疑惑の死を遂げた精神科医ヴィルヘルム・ライヒは、もともと我々の身体には、あらゆる病を治す力があると提唱し、そして実際に薬物を一切使わないがんなどの治療法と治療器具を開発したといわれている。オルゴン(Orgone)と呼ばれる自然界に充満するエネルギーを活用すれば、どんな病気も撃退できるというのだ。

ヴィルヘルム・ライヒ 画像は「YouTube」より

 精神分析学の祖、ジークムント・フロイトを師と仰ぐライヒは若くして精神科医として成功を収めるが、当時ウィーンで相次いでいた一般市民の命を奪う政治的な暴力テロ事件をきっかけに、人々の心身の不具合を治さなければ社会は良くならないという確信を得て、心身のエネルギーの流れを整えてネガティブな思考や病気を一掃する方法を探る研究に乗り出す。

 ライヒはこの世にあまねく存在する“生命エネルギー”を心身に取り込み、その流れをスムーズにすることで、あらゆる病気を治すことができると考えた。この生命エネルギーの存在に我々人類ははるか前から気づいていて、例えば中国では“気”、インドでは“プラーナ”、ギリシアでは“エーテル”、ポリネシアでは“マナ”と呼ばれている。ライヒはこれらを総称する新しい呼び名として オルガスムス(性的絶頂)からオルゴン(Orgone)と命名した。

「エネルギーの流れに身体を開放することができれば、我々はこのエネルギーの流れを宇宙に向かっても開くことができます」(ヴィルヘルム・ライヒ)

画像は「YouTube」より

コメント

7:匿名 2019年3月13日 22:44 | 返信

「オルガニズムの神秘」にでてた卵の実験結果載せればいいのに

6:疑似科学さいこうだなあ 2019年3月8日 01:29 | 返信

これがマジだったらとっくに世界レベルの富豪が投資してます。
IPS細胞は賞を貰い、これは相手にされたなった。
その理由は何か・・なーんてことを考えなくてもいいのがオカルトの醍醐味!

5:こずみ 2019年2月27日 06:36 | 返信

真実は闇の中ですね。
ニコラテスラが発明した空中送電システム(世界システム)も
世界中の電力会社の莫大な損失に繋がるので封印され暗殺されたし。
水で走る自動車(電気分解し水素を抽出し爆発させ進む)を開発した
スタンリー・メイヤーも石油利権で殺されたし。
この世は何でも商売の邪魔をすると排除されてしまう。
何て人間は愚かで哀れなのだか。

4:追記 2019年2月26日 09:08 | 返信

>> 3

極めて重要なことなのでもう一度書きますが、「医者に任せておけばよい」とか「専門家の言うことを黙って聞いておけばよい」というような時代は完全に終わりました。素人とて勉強しなければならない時代です。厳密に言えば医師や専門家とて本当はよくわかっていないのです。こういうと大半のプロはブチギレ間違いないと思うのですけど勉強してきた方々はそうは思うないはずですし、「あなたの言っている意味わかる」とむしろ賛同してくれるはずです。
あと治らない人の特徴を書きます。
自分にあってない食事をしてる人多すぎ!!
例えばベジタリアン食やヴィーガン食や玄米菜食などを実践し逆に体調を悪化させる者。悪化しているのにその食事を続ける者。ベジタリアン食があってないのに無理矢理続けるとまず顔色が悪くなり言葉にトゲが出て新しい考え方を受け入れにくくなる。←ここ大事!
ベジタリアン食を実践してる人で意味不明なぐらい攻撃的な人がときどきいますけど、本当にその食事があっているならばそのように攻撃的にはならないはずです!あと顔色を見てください、そういう人は必ず悪いです。
これとは逆にまるでチンピラかマフィアのような風貌の人ややたらド派手なファッションにしたがる人やまるで水商売でもしてるのか?というような格好の人は体に大量の毒がたまっている証拠でこういう人は逆に野菜食が合います。嘘だと思うならば今日から変えてみればよいのです。
あと最後に大事なこととして『自分で勉強すること!』。自分で勉強せずに他者にあれくれこれくれという人は絶対に治らないのです。
以前にとある人に勉強を進めたところその人は勉強をせずにFacebookに引きこもり毎日ポエムをお書きになっているそうです。治らないのも当たり前といえます。
また別のある人はスピリチュアルにはまりすぎてベジタリアン食やヴィーガン食が合っていないのに無理矢理続けて体調を悪化させています。たぶんこの人沖縄の方ですね。野菜食が合っていないのに無理矢理続けると非常に狭い範囲内でしか物事を見たり考えたりしかできませんし、こうした助言にも逆ギレで答えるのが特徴です。基本相手にしないのが賢明ですね。

最後に重要なこととして。

『病気を治せるのは本人だけです!』

3:匿名 2019年2月26日 02:50 | 返信

難病、ガン、精神病、難しい病を治すときはまず一にも二にも勉強であると肝に命じましょう。
自分は素人であるとか、面倒くさいとか、やりたくないとか、忙しいとか、すべて言い訳であると気がついてください。

2:匿名 2019年2月25日 17:22 | 返信

ラジオ塔が近くにあると有害ならスマホやWi-fiだらけの現代ではダメですね

1:トランプ大統領 2019年2月25日 13:56 | 返信

日本でやれば物珍しさから人気が出ただろうな。だが、どう見ても手品か心霊商法にしか見えん。それ故に逮捕されて投獄されたと思うしかない。何だオルゴンってのは?オーガズムから付けたのが特にインチキ臭い。レイプ魔のチョンの宗教か?精神科医がどうやって、そのオルゴンを発見し装置を作れるのか疑問しかない。商売が上手くいかないからインチキの装置を作り心霊治療をして儲けようと考えたのではないか?薬漬けになった患者を連れ来て薬をやめさせると治る確率が高くなる事を実験し、知った上でやっていたかも知れない。
だから、人間には本来の治癒力があるなどと吹聴したのではないか?私なら、そういう見方も出来る。もしそこまでの治癒力があるなら、私が以前言ったように栄養を補給して戦闘力を上げるだけで癌になる事はないと言ったのと同じだからだ。気を高める面では同じ!やはり科学的に解明しなければただの詐欺と言うしか無い。戦闘力を高めてインフルエンザ治ったら気が勝ったということになるか?だが、ハンセン病や溶連菌にエイズなど治るのか?疑問だ。
病気に関わらず戦闘力を高めるのは試してもらいたい。見てると面白いので。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。