「ニビルに関わるな、ニビル住民が激怒する」バチカンがトランプに警告! 教皇専属スパイ組織が米「宇宙軍」の極秘任務を暴露!

 太陽系の第9番目の惑星と目されている謎の天体「ニビル」はどこに存在するのか――。昨年末に「宇宙軍」を発足させ宇宙への野心に燃えるトランプ政権にバチカンから“待った”がかかった。バチカンはトランプ政権に決してニビルに関わってはいけないと警告を発したという。

「ニビルに関わるな、ニビル住民が激怒する」バチカンがトランプに警告! 教皇専属スパイ組織が米「宇宙軍」の極秘任務を暴露!の画像1
画像は「Express」より引用

■バチカンがトランプに警告「ニビルに行くな」

 軍事大国アメリカの6番目の軍隊として昨年末に「宇宙軍」が創設された。宇宙空間での「航行の自由」を守るための宇宙軍だが、公には語られていない計画や目的があるのだろうか。

 オルタナティブ系メディア「Before It’s News」の記事では先日、バチカンがホワイトハウスに使者を遣わしたという。カトリック総本山のメッセージとしてトランプ大統領に惑星「ニビル」に行ってはいけないと警告を発したというのだ。

「ニビルに行くな。行けば“死”しかない」

 このメッセージは、教皇フランシスコとバチカン国務長官ピエトロ・パロリンの名が記された手紙の形で渡され、発足した宇宙軍でニビル探査ミッションを行うトランプの意図に気づき、それを制止する警告文であったという。

「ニビルに関わるな、ニビル住民が激怒する」バチカンがトランプに警告! 教皇専属スパイ組織が米「宇宙軍」の極秘任務を暴露!の画像2
「Before It’s News」の記事より

 一説ではトランプの宇宙軍には極秘の部隊があり、リバースエンジニアリングで再現されたエイリアンの宇宙船でニビルに到達するという野心的な計画に取り組んでいるという。現在ニビルは軌道上で“失速”しているといわれ、計画にはその原因を特定する目的もあるということだ。

 教皇個人に仕えるスパイ組織である十字剣同胞団(Brotherhood of the Cruciform Sword)がホワイトハウスに侵入してトランプのこの計画を知り、バチカンに報告したという。バチカンの“触手”はすでにホワイトハウスの奥深くにまで伸びているということだ。

 とはいってもバチカンがトランプ政権を陥れようとしているわけではない。ニビルに接近し干渉することはきめわて危険であると厳に戒めているのである。ニビルの住人は接触してくる者には容赦ない対応で出迎えるという。

「ニビルに関わるな、ニビル住民が激怒する」バチカンがトランプに警告! 教皇専属スパイ組織が米「宇宙軍」の極秘任務を暴露!の画像3
「Before It’s News」の記事より

 バチカンが緊急警告メッセージを発信するということは、それだけトランプの宇宙軍はニビルに接近しているということなのだろうか。そしてこのメッセージをトランプは受け入れて従うのだろうか。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ