【新型コロナ】今年2月から「人類滅亡のための準備」をイルミナティが開始していた! 「ノアの箱船」計画始動、エリートのみ救済!

 世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス、そしてアフリカ東部で発生したバッタの大群による食糧危機、緊迫する中東情勢――。まるで『ヨハネの黙示録』にあるような恐ろしい出来事が次々と人類を襲っているが、いよいよ2020年はハルマゲドンの年になってしまうのだろうか? 考えたくもないことだが、そんな嫌な予感に拍車をかけるような動きがあるようだ。

【新型コロナ】今年2月から「人類滅亡のための準備」をイルミナティが開始していた! 「ノアの箱船」計画始動、エリートのみ救済!の画像1
スヴァールバル世界種子貯蔵の出入口 画像は「Wikipedia」より引用


■「ノアの箱舟」壮大すぎるプロジェクト概要

 トカナ読者は、北極圏のスピッツベルゲン島(ノルウェー領)に、世界61カ国から寄せられた絶滅危惧種の遺伝子情報や約85万もの種子サンプルを集めた「スヴァールバル世界種子貯蔵庫」があることをご存知だろうか。世界には同様の機能を有する遺伝子バンクが約1700存在しているが、通称「ノアの箱舟」と呼ばれるこの貯蔵庫は最大のものである。

【新型コロナ】今年2月から「人類滅亡のための準備」をイルミナティが開始していた! 「ノアの箱船」計画始動、エリートのみ救済!の画像2
スヴァールバル世界種子貯蔵庫内部の様子 画像は「Wikipedia」より引用

 ノアの箱舟は「あらゆる危機に耐えうるように設計された終末の日に備える北極種子貯蔵庫」とされ、まさに核戦争、天災、気候変動などあらゆる世界規模の危機に備えて農作物の種子を貯蔵するために作られた。スピッツベルゲン島はノルウェー領スヴァールバル諸島の唯一の有人島で、アンデルセン童話『雪の女王』(かの『アナ雪』の原作だ)の舞台となった場所。同施設は地球温暖化がもたらす海水面上昇による浸水を防ぐため、北極から約1300km地点にある山の海抜130m地点、岩盤内部120mに建造された。ところが2016年、北極圏の気温上昇によって永久凍土が融解し、貯蔵庫のトンネルの入口が浸水してしまったという。それだけ地球温暖化が深刻なレベルにあるということの証左であろう。

 同施設において、種子は電力が停止しても低温環境下を維持できる永久凍土層内に保管されており、たとえ地球が核に汚染されても200年間は発芽可能な状態を保っているという。しかも、種子データはバーコードのデジタル情報はもちろん、それを読み取る機器が停止した場合も想定して、文字シールのアナログ記録まで併用される。各国から集められた種子はコンテナに封印され、緊急時まで開封厳禁。地球が何らかの危機に直面した際、種子提供国の責任ある人物の立会いのもと、種子は各国・各地域へと供給され栽培を復活させる。作物の遺伝資源が特定の国や企業の利益追求のために勝手に利用されないための厳しいルールも定められている。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ