新型コロナの裏でプーチンが「ロシア終身大統領」に!? 遂にイルミナティとの最終決戦が始まる!

新型コロナの裏でプーチンが「ロシア終身大統領」に!? 遂にイルミナティとの最終決戦が始まる!の画像1
画像は「Getty Images」より引用

――軍事研究家・塩原逸郎が緊急寄稿!

 2020年3月10日、ロシア議会は、ロシア憲法改正案に含まれている大統領任期の制限について、現職の大統領などには適用されない旨へと修正後、賛成多数で承認した。この修正を含んだ憲法改正案は今後議会下院を通過後、上院にて審議が行われたのち国民投票にかけられ、可決される見通しだ。

 プーチン大統領の任期は2024年で終わりを迎えるが、この改正で退任後に再度大統領選に立候補することが可能となる。すなわち、ロシア終身大統領ウラジーミルプーチンへの道が開かれたのだ。

 長年に渡りロシアの指導者として君臨してきたプーチン大統領であったが、やり残した仕事はまだ多いと言わざるを得ない。ロシア経済は依然としてエネルギー産業、軍需産業に支えられており、未だ発展途上の状態だ。2014年のクリミア半島併合に伴い、西側諸国から課せられた経済制裁も足かせとなっている。シリア内戦やウクライナ内戦といったロシアが介入した戦争も、未だ終わりが見えない。

 そして何より、TOCANAが指摘しなければならないのは、反イルミナティの雄たるプーチンは、イルミナティとの戦いを終えていないことである。

※プーチンはかねてより、ロスチャイルド家やロックフェラー家をはじめとする国際資本家たちの背後に潜むTOP集団「イルミナティ」との戦いを繰り広げ、ロシア帝国を築こうと画策している。(詳しくはこちら

 現在、世界の兵器市場に占めるロシア製兵器の比率は21%。アメリカの軍産複合体に大きく水をあけられている状況だ。また、昨今の原油安により産油国で減産が話し合われたが、話し合いは決裂。イルミナティの支援を受けたサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマーン皇太子は原油増産に踏み切り、ロシアから原油のシェアを奪おうとしている。

コメント

1:トランプ大統領 2020年3月13日 22:45 | 返信

ややこしいが、どちらにもチョンがいるのでそいつを切除してぶっ殺してやらないと、意味が無い!σ(゚∀゚ )オレがプーチンでありトランプでイルミナティでもあるからだ!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。