プーチンが「アヌンナキを嗅ぎ分ける犬」の育成完了! 2020年に悪徳宇宙人を撲滅へ…トルコも関与

プーチンが「アヌンナキを嗅ぎ分ける犬」の育成完了! 2020年に悪徳宇宙人を撲滅へ…トルコも関与の画像1
子犬を抱えるウラジーミル・プーチン大統領。画像は「Wikimedia commons」より

 アヌンナキ情報専門サイト「Twisted Truth」(12月3日付)が、またしても耳を疑う情報をリークした。なんと、アヌンナキの臭いを嗅ぎわけるハイブリッド犬をロシアが生み出したというのだ。

 本題に入る前に、まずアヌンナキ、そしてアヌンナキとロシアの関係を紹介しておこう。

■アヌンナキとロシア

 地球には数多くのエイリアンが訪れているというが、その中でも特に古く、ミステリアスなエイリアンが「アヌンナキ」だ。アヌンナキとは本来、古代バビロニア神話に語られる神の一柱であるが、その正体は遥か遠い宇宙からやってきたエイリアンだとされている。彼らは惑星「ニビル」から数十万年前に地球に飛来し、遺伝子操作により労働力として人類を生み出した。まさに創造主であり、神にふさわしい存在であるが、これに反旗を翻しているのが、誰にも縛られない男、ロシアのプーチン大統領である。

「Twisted Truth」によると、アヌンナキは現在もシェイプシフトにより人間に姿を変えて、イスラエル、カナダ、中国、イタリア、オーストラリア、インド、アメリカといった各国政府を裏から操っているという。これに危機感を抱くプーチン大統領は、ロシアの総力をあげ、アヌンナキらに対抗しているのだ。

プーチンが「アヌンナキを嗅ぎ分ける犬」の育成完了! 2020年に悪徳宇宙人を撲滅へ…トルコも関与の画像2
アヌンナキ。画像は「Wikipedia」より

 先日トカナでもお伝えしたように、先だって行われたロシア閣僚会議において、アヌンナキ撲滅こそが最優先の課題だと決定された。全く知られていないことだが、実はプーチン大統領は秘密裏にアヌンナキとの血みどろの戦争を6年も継続しており、「IBTimes」などによると、現在、ロシア軍はシリアを拠点に勢力を拡大しているアヌンナキと衝突中だという。中東でロシア軍機が撃墜される事案が何度か起きているが、実際はアヌンナキの攻撃によるものであるそうだ。

■超嗅覚を持つアヌンナキ・ハンティング・ドッグ

 だが、先述したようにアヌンナキはシェイプシフターだ。人間の姿になってしまえば、彼らを特定することは困難である。これでは軍事作戦も遅々として進まないだろう。そこで、ロシアはアヌンナキの臭いの識別に特化したハイブリッド犬を作り出したというのだ。

プーチンが「アヌンナキを嗅ぎ分ける犬」の育成完了! 2020年に悪徳宇宙人を撲滅へ…トルコも関与の画像3
惑星ニビル。画像は「getty images」より
プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ