【緊急】「第三次世界大戦もうすぐ」ロシア将軍が断言! 中国と共に欧米撃滅、全面核戦争で日本は瞬殺… プーチンもやる気!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
【緊急】「第三次世界大戦もうすぐ」ロシア将軍が断言! 中国と共に欧米撃滅、全面核戦争で日本は瞬殺… プーチンもやる気!の画像1
画像は「getty images」より

 ロシア将軍が“第三次世界大戦”の勃発を警告。最悪の事態が間近に迫っている。

 英紙「Daily Star」(12月18日付)によると、露ウラジミール・プーチン大統領の右腕、ロシア連邦軍参謀総長兼第一国防次官のワレリー・ゲラシモフ大将が、“大規模軍事衝突”の勃発を予言しているという。そして、それを誘発しているのは西側諸国だと糾弾。ロンドンで開催されたNATO首脳会議を挙げ、西側諸国は「ロシアの敵」だと非難した。

 ヨーロッパ各国で米国のミサイル防衛システムが配備されていることや、ポーランドなどバルト海沿岸諸国での軍事演習が強化されていることが、その理由だという。

 一方、トカナでも報じたようにロシアはイランや中国といった反米国家とともに海上合同軍事演習を今月27日に予定している。これはアメリカをはじめとする西側諸国への明らかな示威行動であり、緊張を高めているのはロシアも同じだ。

 近年、ロシアは核弾頭搭載ができる新型ミサイルも次々と開発、それらは既存のミサイル防衛システムを無効化するほどの性能を備えているとされ、西側諸国にとって大きな脅威となっている。

【緊急】「第三次世界大戦もうすぐ」ロシア将軍が断言! 中国と共に欧米撃滅、全面核戦争で日本は瞬殺… プーチンもやる気!の画像2
画像は「Daily Star」より

 まるで冷戦時代に戻ったかのようだとも言われているが、実際に米露間で核戦争が勃発したらどうなるのだろうか?

 米・プリンストン大学のシミュレーションによると、核戦争勃発から数時間で3400万人が死亡するという恐ろしい結果が導きだされている。その経緯はこうだ。

 東欧での紛争から米/NATO軍とロシア軍の戦争に発展した段階で、進行するNATO軍に対してカリーニングラード近郊のロシア軍が警告のために小型の戦術核兵器を発射し、ポーランド、チェコ、ドイツの国境付近に着弾。ただちに米/NATO軍からスクランブル発進した爆撃機がカリーニングラードへ報復核攻撃。こうして歯止めが利かない全面核戦争に進展する。ロシア軍は300もの核弾頭を使って短距離ミサイルと爆撃機でNATO各国の基地、軍隊、さらには都市部を爆撃。対して米/NATO軍は180の核弾頭を使って主に爆撃機でロシア領内を爆撃する。この時点で3時間が経過し、犠牲者は260万人に上る。これで西ヨーロッパは壊滅する。その後は米国とロシアの一騎打ちとなり、5時間経たずして、3400万人が死亡する……。

関連キーワード

コメント

6:匿名 2019年12月20日 18:12 | 返信

>> 5

水面下での戦争。冷戦みたいなやつらしいよ?

5:匿名 2019年12月20日 16:24 | 返信

ロシアは東京オリンピックを除外されてしまったし、本当にやる気ならもう始まってるはずなのですが・・・

4:匿名 2019年12月20日 16:03 | 返信

>> 3

定義付けまでは流石にできない(めんどーだからw)

3:トランプ大統領 2019年12月20日 15:25 | 返信

>> 2

終末思想に囚われ、日本人を生贄にして殺そうとしている、統合失調症を発症した、嘘をつくか、気味の悪い高笑いをして勝ち誇る、人の話を理解出来ない存在で、環境破壊してでも経済を重視する特定危険外来種の偽日本人の正式な名前が無かったから、そのアホンジンという名前は奴らに丁度良い名前だと思う。やたら当てはまっている。まぁ偽日本人には、いろんな種類があるから、全てでは無いが、核兵器を使っても3400万人しか死なないのだから、環境破壊してまで使うメリットは無い気がするな。核兵器を使うのはアホンジン的思考と言えるだろう。私は違うぞ!神の杖と言う比較的に環境に優しい兵器を開発している。後は映画の様なドローン兵器やAI搭載した自動的に敵を選別して殺せる
戦車を考えている。

2:匿名 2019年12月20日 13:00 | 返信

利己的で自画自賛しかせず地球を破壊しつくすアホンジンが生き残る道理はない

1:匿名 2019年12月20日 12:37 | 返信

第三次世界大戦はすでに始まっていた。
という記事をトカナで読んだことがあるんだが。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。